このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 第8回ティーンズ・フェスタ・イン・めぐろ2017 輝、ガラスの10代(平成29年12月17日) のページです。

本文ここから

第8回ティーンズ・フェスタ・イン・めぐろ2017 輝、ガラスの10代(平成29年12月17日)

更新日:2017年12月25日

12月17日(日曜日)、目黒区民センターホール等において、「第8回 ティーンズ・フェスタ・イン・めぐろ2017」が開催された。
この催しは、目黒区在住、在学の中学生・高校生が主体となり、企画から開催までをおこなうおまつりで、第8回目を迎える今回は、「かがやき、ガラスの10代」をスローガンに、より一層中高生の視点で、主体的・自主的な運営を図っていくことを念頭に置き、文化的イベント(音楽関係・演劇関係等)やスポーツイベント(ニュースポーツ等)やワークショップを企画・開催し、大人たちと世代を超えた連携を図り、中高生の社会参加と地域の活性化に資することを目的として開催された。

オープニングでは、目黒区を代表して青木英二目黒区長から「東日本大震災発生から6年が経過いたします。未曾有の大災害を風化させずいつ起こるかわからない災害に備え中高生の皆さんは地域において貴重な戦力となります。今回中高生にできることをテーマとして防災の取組みを実施することで地域防災の輪が大きく広がるものと願っています。そして、このフェスタを通して、世代を超えたつながりが生まれ、更に絆を深め、若い世代の社会参加と地域の活性化が図れることを願っています。」と挨拶が行われ、イベントがスタートした。

続いて行われたオープニングイベントでは、「Japaneseじゃぱにーず Styleすたいる」による和楽器演奏(太鼓・琴・三味線・篠笛)が披露され、華やかで勇壮なオープニングとなった。ホール会場では、和楽器演奏のほか、ダンス発表、バンド演奏等が行われ、日頃から重ねた練習の成果が来場者に向けて披露された。

催しの会場は、目黒区民センターホール、ホール前中庭、第1・2集会室、体育館と4つに分かれ、販売、地域連携、地域防災、東日本大震災復興支援等、内容に応じて分類された10の各部門で様々な催しが行われた。
ホール前中庭会場では、サッポロホールディングス株式会社との共同企画である、パッチテストによるアルコールの耐性診断や専用のゴーグルを装着した疑似酔っ払い体験等の未成年飲酒防止活動が行われ、お酒との付き合い方について、親子で学ぶ来場者の姿も見られた。
第1・2集会室会場では、「ティーンズカフェ Nえぬ」が設けられ、Nゲージ(ジオラマ)の操作体験、ポップコーン、わたがしやフランクフルトなどの販売コーナーがあり、中高生スタッフと青少年委員を中心とした地域の人たちにより運営されていた。

体育館会場では、若者の視点で同世代に目黒の魅力を伝えるタウン誌「めぐろう」を紹介するコーナーが設けられた。また、手作りのボードゲームなどには幼児やその保護者を中心に多くの来場者で賑わった。地域防災ワークショップのコーナーでは、中学生による災害時の簡易トイレの組み立てが行われ、来場者は写真を撮りながら、中高生により行われる説明に耳を傾けていた。
今回の催しでは、中高生約150名と地域・協力団体関係者約60名が運営スタッフとして従事し、全ての部門において中高生が地域の住民等と協力しながら、企画や運営にあたった。

この記事の問い合わせ先

子育て支援課 東山児童館 電話 03-3791-4613

お問合せ

このページは
広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。