このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 子どものためのワークショップ2019 ダンスワークショップ+発表会(令和元年7月25日) のページです。

本文ここから

子どものためのワークショップ2019 ダンスワークショップ+発表会(令和元年7月25日)

更新日:2019年8月1日

7月25日(木曜日)、めぐろパーシモンホール小ホール(所在地:目黒区八雲一丁目1番1号)にて「子どものためのワークショップ2019 ダンスワークショップ+発表会」が行われ、公募で集まった小学3年生から6年生までのメンバー26名が練習の成果を発表した。

本ワークショップでは、講師に「コンドルズ(NHK「サラリーマンNEOねお」、「からだであそぼ」でお馴染み、世界で活躍するダンスカンパニー)」を主宰する近藤良平氏を迎え、参加者の個性を生かした作品作りはもちろん、今年はパーシモンオリジナルダンスが披露された。
7月23日から24日に行われた計4時間のワークショップ(練習)と本番前の90分間のリハーサルで、学校や年齢もバラバラの子どもたちが一からステージを作り上げた。


近藤氏による振付指導の様子

リハーサル時の子どもたちは、「元気いっぱい、和気あいあい」のガヤガヤ状態で、これで本番は大丈夫なのかな、と少し心配になったが、発表会では、ビシッと演技に専念し、子どもたちの魅力が最大限に発揮されるステージとなった。演目の一つに「得意技」があり、「ピアノ演奏」「側転そくてん」「側宙そくちゅう」「なわとび」「けん玉」などの得意技が披露された。中には一度で決められない技もあったが、あきらめずに何度も挑戦し、見事に技が決まると会場からおしみない拍手が送られた。また、その場で擬音のお題を出され、子どもたちが即興でお題にあわせたパフォーマンスを行った。子どもたちの動きを見てお題が何か答えるクイズも行われ、講師の軽妙な進行と相まって会場に一体感が生まれていた。


近藤氏からのお題に即興のパフォーマンス

本日のメイン演目はパーシモンオリジナルダンス。
「カ、カ、カ、カッキーン 宿題はあるけれど 今日はやりません 遊びましょ そうしましょ パーシモンで遊びましょ パー、パー、シー、シー パーァァァ ルンルンルン そうなの 小学生」オリジナルの歌詞と振付が披露され、開場は大いに盛り上がった。


パーシモンオリジナルダンスを披露

講師を務めた近藤氏は「年齢も地域も違う子どもたちが集まって、一つのことに向き合うということはすごいことで、捨てたもんじゃないなと思います。本番中でも仲間に「がんばれ、がんばれ」と応援する姿がとても良かったです。パーシモンホールでのワークショップは毎回この時期に行われますが、夏休みに入ったばかりで子どもたちはすごくウキウキしていて、自分も楽しくなります。」と話してくれた。


発表会を終えてホッと一息

この記事の問い合わせ先

公益財団法人目黒区芸術文化振興財団 めぐろパーシモンホール 電話03-5701-2913

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.