このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 最期まで自分らしく過ごすには 在宅療養フェアin目黒を開催(令和元年11月10日) のページです。

本文ここから

最期まで自分らしく過ごすには 在宅療養フェアin目黒を開催(令和元年11月10日)

更新日:2019年12月12日

11月10日(日曜日)、目黒区総合庁舎(所在地:目黒区上目黒二丁目19番15号)2階大会議室で、在宅療養フェアin目黒を開催した。
この催しは、医療や介護が必要になった際に、住み慣れた目黒区で安心して療養生活を送るために、自身や家族はどのような準備が必要か、医療職や介護職はどのようなサポートができるのかを参加者に知ってもらい、最期まで自分らしく過ごすにはどのような準備が必要かなどを考えるきっかけとなることを目的に開催された。
病気になったとき、介護が必要になったとき、住み慣れた街や家で暮らし続けるためのヒントが満載のこのフェアには、約120名の一般参加者が訪れ会場の大会議室はほぼ満員となった。


開会の挨拶を行う青木英二目黒区長

基調講演

青木英二目黒区長からの開会挨拶の後、目黒区医師会理事・楢林神経内科クリニック院長楢林ならばやし洋介ようすけ氏から「在宅療養について医療ができること」と題した基調講演が行われ、在宅医療ではどのような医療が可能か、在宅医療を行う医師はどこにいるのか、通院が難しくなった時はどうすればよいか等、事例を紹介しながら在宅療養についてわかりやすい講演が行われた。


楢林洋介氏による基調講演の様子

ミニ講話

続いて、ミニ講話(第1話)として、三宿病院認知症疾患医療センター言語聴覚士・前田まえだ順子じゅんこ氏から「自宅でできる食べやすさの工夫について」として、在宅における誤嚥ごえん対策、食べやすい3要素や自宅でできる工夫について講話が行われた。さらにミニ講話(第2話)として、厚生中央病院総合内科医師・北川きたがわ尚之なおゆき氏と横山よこやま智央ともひさ氏による「自宅で介護ってこんな感じ リアルな現場を再現します!」として、大会議室に隣接した部屋に自宅介護の現場を模擬的に再現し、そこから映像を中継して介護用のレンタルベッド、家庭用酸素発生器や訪問入浴などについて解説が行われた。


前田順子氏によるミニ講話の様子

シンポジウム

最後に、厚生中央病院院長の櫻井さくらい道雄みちお氏を司会者とし、目黒区在宅療養推進協議会委員をパネリストとして、「最後まで自分らしく過ごすためにできること」をテーマとしたシンポジウムが開催された。シンポジウムではそれぞれの専門の立場から提言と質疑応答が交わされ、3時間にわたる在宅療養フェアが締めくくられた。


目黒区在宅療養推進協議会によるシンポジウム

健康相談や試供品の提供

講演会場周りのスペースや小会議室では、厚生中央病院や目黒区薬剤師会、目黒区歯科医師会等による健康相談やパネル展示、各種試供品のスペースが開設され、多くの来場者で賑わっていた。

この記事の問い合わせ先

健康福祉部 福祉総合課 地域ケア推進係
電話 03-5722-8713

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.