このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 歌舞伎でめぐる大人の演劇ワークショップ発表会 お題は「ハッピーエンド」(令和2年2月11日) のページです。

本文ここから

歌舞伎でめぐる大人の演劇ワークショップ発表会 お題は「ハッピーエンド」(令和2年2月11日)

更新日:2020年2月20日

2月11日(火曜日・祝日)、めぐろパーシモンホール小ホール(所在地:目黒区八雲一丁目1番1号)において、「歌舞伎でめぐる大人の演劇ワークショップ発表会」が開催された。

今回で5回目となるこのワークショップには、2010年「わが星」で岸田國士戯曲賞を受賞した劇作家・演出家の柴幸男が主宰を務める劇団「ままごと」を講師に迎え、演劇の経験者・未経験者計23名の参加者が、昨年9月から計10回のワークショップを重ね、今回の発表会を迎えることとなった。
大人を対象に実施するこのワークショップは、実演芸術を通じて自分を表現できる場、地域や他者との新たな繋がりを育んでいく場を提供することを目的に開催された。

4演目を発表

今回のワークショップでは、目黒にゆかりのある歌舞伎の4演目、「因果応報のかさね」「悲恋の小柴こしば」「情念のお七おしち」「慈愛の政岡まさおか」を取り上げた。いづれも悲劇の演目を、いかにして「ハッピーエンド」にできるかが今回のお題。4つのグループに分かれて、討議と創作活動を積み重ね、ワークショップの最終日に成果が披露された。

フィナーレ


フィナーレの様子


パーシモンホール小ホールの様子

発表会後のアフタートーク

発表会の後、演劇の構成・演出を行った柴幸男氏によるアフタートークが行われた。
参加者からは、「昨年東京に引っ越してきました。目黒で友達を作りたくてこのワークショップに参加しました。このワークショップでは、参加者全員の意見を拾い上げてくれるなど、非常に民主的な進め方に驚きました。」「発表会の数日前は、いったいどうなるんだろうと不安もありましたが、発表会を終えて、今はとても楽しかったと感じています。」などの感想が述べられた。
柴幸男氏からは、「パーシモンホールでのワークショップは2年目となりますが、参加者全員の居場所がある発表会というのを目標に取組んできました。初めのうちは参加者から、「設定が難しくてわけが分からない」などの声もあり、失敗したかもと思う時もありました。そこで、参加者全員に「やりたいことは何?」という投げかけをし、それを全員で共有しながらワークショップを進めることにしました。今回は歌舞伎の演目を取り上げるなど、なかなか挑戦的なワークショップでしたが、無事に発表会を終えることができました。」と述べ、発表会を含め計10回のワークショップを締めくくった。

このイベントに関する問い合わせ先

公益財団法人目黒区芸術文化振興財団(めぐろパーシモンホール)事業課
電話 03-5701-2913

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.