このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区報道ニュース の中の 目黒区長メッセージ「感染症対策を踏まえた避難所開設」(令和2年9月3日) のページです。

本文ここから

目黒区長メッセージ「感染症対策を踏まえた避難所開設」(令和2年9月3日)

更新日:2020年9月3日

新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、大地震や大規模な風水害など、自然災害が重なると、いわゆる複合災害となります。
目黒区では、感染症対策の避難所マニュアルを策定し、避難所での感染拡大防止を図る取組などについて、ビデオメッセージで報告しました。

区長メッセージ全文

区民の皆さんこんにちは。区長の青木英二です。
目黒区内の新型コロナウイルス感染者数は、677名となっております。
り患された方には一日も早い回復をお祈りいたします。

ただ残念ながら、なかなか感染の収束が見えません。
こうした状況の中で、大きな地震や大規模な風水害など、自然災害が重なると、いわゆる複合災害となります。
そうなりますと、区民の皆さんが多数、避難所に避難し、避難所が3密状態になり、感染のリスクが高まってくる懸念があります。
既に目黒区は、先月31日、NHKの夕刻のニュースでも報道されているように、こうした感染対策のマニュアルの策定をいたしました。
このマニュアルに沿って、避難所にはマスク、消毒剤、体温計などを順次配備しています。

更に避難所での感染拡大の要因の一つと言われている、唾が飛ぶことを防いだり、感染症で体調が悪くなった方々のために、まずは風水害の緊急対応と併せて、目黒川沿いに6つの地域避難所に、屋内型のテント20張り、段ボールベッド10台を配置しました。
今後、38か所の地域避難所に、順次、40のテントを配置してまいります。

私は、災害時の感染拡大防止に向けて、しっかりとチャレンジしてまいりますので、区民の皆様方にも避難所の感染リスクを念頭に入れていただいて、普段からご家庭でマスクや消毒剤など、衛生用品の備蓄を心からお願いいたします。
目黒区長、青木英二からのお願いとご報告です。

区長によるビデオメッセージ

目黒区長メッセージ「感染症対策を踏まえた避難所開設」(令和2年9月3日)

関連するページ

新型コロナウイルス感染症への対応

避難所に屋内型テント・段ボールベッドを配備(令和2年7月29日)

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区報道ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.