このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区動画ニュース の中の 平成30年8月6日(月曜日)平和な世界を次の世代へ 目黒区平和記念事業 のページです。

本文ここから

平成30年8月6日(月曜日)平和な世界を次の世代へ 目黒区平和記念事業

更新日:2018年10月22日

動画のサムネイル

動画の視聴

mp4ファイル(47MB)

Windows Media Player用wmvファイル(37MB)

WindowsMediaPlayerをお持ちでない方は、Microsoftのページよりダウンロードしてください。

動画内の音声

8月6日、目黒区平和記念事業が行われました。

総合庁舎前にある「中目黒しぜんとなかよし公園」では園内にある「平和の石」を囲み、目黒区被爆者団体「萠友会ほうゆうかい」の会員や区民、区職員らおよそ70人が集まり、広島に原爆が投下された時刻に合わせ黙祷を行いました。

「平和の石」は、国際平和年の昭和61年に広島市と目黒区の職員の交流をきっかけに、当時の広島市長から、被爆した旧広島市庁舎の階段の一部が核兵器の廃絶と世界恒久平和実現のシンボルとして寄贈されました。

目黒区民センターホールでは、「平和祈念のつどい」が開催されました。式典のはじめに、昨年度「平和の特派員」として広島に派遣された区立第八中学校2年生の石原拓馬さんによる目黒区平和都市宣言文の朗読が行われました。

(区立第八中学校2年生 石原拓馬さん)目黒区は平和憲法を擁護し、核兵器のない平和都市であることを宣言する。

この日集まった区民や関係者およそ500人で黙祷をした後献花が行われました。

(青木 英二 目黒区長)戦争の悲惨さ、核兵器の恐ろしさ、そして平和の尊さを若い世代にしっかりと受け継いでいく、このことが今日この会場に集った私どもの大変大事な役割だと思いますがみなさんいかがでしょうか。

式典では、区が募集した小・中学生の平和祈念標語優秀賞の朗読と表彰が行われました。

(標語の朗読)「笑顔咲き 平和の木々の 花も咲く」僕がこの標語を書いたとき、木の花が咲くようにたくさんの笑顔が咲けば良いと思いこの標語を作りました。

(標語の朗読)「大切な 人を失う苦しみを 分かっているのか 人々よ」戦争によって大切な人を失った人は多くいます。その人たちの苦しい思いを、しっかりと世界中の人々が理解し、戦争をなくしていってほしいという思いを込めてこの標語を作りました。

この他に、昨年、広島の平和記念式典に出席した区内の中学生による報告が行われました。

(平和の特派員の報告)これ以上、悲しみに覆われた赤い空も、憎しみに包まれた黒い雲も必要ありません。青い空は青いまま、次の世代への贈り物として残してあげることが被爆国日本に住む私たちの努めではないでしょうか。

最後は、区立原町小学校の合唱団と目黒区児童合唱クラブによる平和祈念の合唱で式典は幕を下ろしました。

式典終了後、目黒区民センター公園にある平和の鐘の打鐘が行われ平和を願う区民の鐘の音が目黒区に鳴り響きました。

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区動画ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.