このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 広報・刊行物 の中の 目黒区動画ニュース の中の 平成30年9月16日(日曜日)今年も脂ののったさんまが届きました!第42回目黒区民まつり のページです。

本文ここから

平成30年9月16日(日曜日)今年も脂ののったさんまが届きました!第42回目黒区民まつり

更新日:2018年11月8日

動画のサムネイル

動画の視聴

mp4ファイル(48MB)

Windows Media Player用wmvファイル(62MB)

WindowsMediaPlayerをお持ちでない方は、Microsoftのページよりダウンロードしてください。

動画内の音声

目黒区にある田道広場公園などで9月16日、「第42回目黒区民まつり」愛称、「めぐろのSUNさんまつり」が開催されました。毎年無料で振舞われるさんまを目当てに朝から並ぶ来場者で会場はあふれていました。

開会式では、毎年恒例、お殿様に扮した青木 英二 目黒区長に友好都市からのさんまとかぼすの献上式が行われました。

(青木 英二 目黒区長)じい、気仙沼のさんまに臼杵のカボスをかけて、それをおかずにして食べる、角田のお米を食べる、高級な金沢のお箸で食べる朝げは日本一だなぁ!

また、気仙沼から駆けつけたさんま焼き隊により大漁祝い歌の「どや節」が披露され、会場は一気に祭の活気に満ち溢れました。

(どや節)

さあ、いよいよさんまの配布です。前日に気仙沼港で水揚げされたばかりの、炭火で焼かれたさんまに大分県臼杵市のカボスと気仙沼産の大根おろしが添えられ来場者に振舞われました。

(来場者)さんまも大きめだしね、最高です。かなり何回も来てますけど、今年はもう最高です。脂のってるねやっぱりね、今年はね。

(来場者)ふわふわしていておいしかったです。ごちそうさまです。

(藤森 昇 実行委員長)去年は天候が悪かったんだけど、去年の倍は(来場者が)来ています。グッドです!

こちらも恒例で、毎年楽しみにしている人も多いこのお祭の由来でもある落語「目黒のさんま」を見に多くの来場者が区民センターホールに集まりました。

(落語 目黒のさんま)

この他に、区民団体によるフラダンスや南京玉すだれなどの野外ステージ発表、東京2020パラリンピック2年前イベントとして車いすテニスやボッチャの体験会が行われました。

さまざまな催しに秋の過ごしやすい天候も相まって、去年よりも多いおよそ5万人が訪れました。来場者は秋の味覚のさんまのほか、ふるさと物産展やご当地グルメなどを楽しみ、大いに盛り上がったお祭りとなりました。

お問合せ

このページは、広報課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9621

ファックス 03-5722-8674

本文ここまで

サブナビゲーションここから

目黒区動画ニュース

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.