このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

歴史を訪ねて 歴史年表 紀元前25000年から紀元1819年

更新日:2013年9月5日

紀元前25000年ころからの年表
西暦 年号 目黒地域のできごと 関連事項・参考
紀元前25000年から10000年   ・旧石器時代の生活が営まれる(大橋遺跡)  
紀元前7000年から4000年   ・縄文時代早期の集落が営まれる(中目黒遺跡)  
紀元前3000年から2000年   ・縄文時代中期の集落が営まれる(油面遺跡)  
紀元前2000年から400年   ・縄文時代後・晩期の集落が営まれる(東山貝塚遺跡)  
紀元前400年から300年   ・弥生時代後期の集落が営まれる(土器塚遺跡・目黒不動遺跡)  
4世紀中ごろ     ・大和朝廷成立
645年 大化1年   ・大化の改新
806年 大同1年 ・大鳥神社創建と伝えられる  
808年 大同3年 ・目黒不動(瀧泉寺)開基と伝えられる(ほかに、嘉祥元年(848年)説、天安2年(858年)説、貞観年間(859年から875年)説などあり)  
853年 仁寿3年 ・妙光山法服寺(現在の円融寺)開山  
1000年から1100年     ・武蔵七党(武士団)起こる
1160年 永暦1年 ・目黒氏の祖、目黒四郎左衛門尉家資死去  
1180年 治承4年   ・源頼朝、鎌倉にはいる
1190年 建久1年 ・源頼朝上洛に目黒弥五郎随従  
1192年 建久3年   ・頼朝、鎌倉幕府を開く
1218年 建保6年 ・目黒小太郎、荏原郡目黒村より陸奥国に移住  
1334年 建武1年   ・建武の中興
1350年から1400年   ・吉良治家、東岡寺(東光寺)を創建 ・吉良氏、奥州から東国へ移る
1425年 応永32年 ・「日運記」に碑文谷の地名が記述  
1524年 大永4年 ・このころ目黒地域、北条氏の治下にはいる ・北条氏綱、江戸城にはいる
1590年 天正18年 ・三田村・上目黒村・中目黒村・下目黒村が徳川氏の直轄地に、碑文谷村の一部が旗本神谷氏の知行地となる ・徳川家康、江戸入国
・関東の検地を開始
1603年 慶長8年   ・江戸開府
1596年から1614年 慶長年間   ・鷹匠の職制を設置
1632年 寛永9年 ・2代将軍秀忠夫人崇源院の遺領(上目黒村・下目黒村・衾村・碑文谷村の4カ村の一部)が、増上寺に寄進される  
1624年から1643年 寛永年間 ・湯殿山の行者、行人坂に大日堂(大円寺)を建立・家光、放鷹の際一軒茶屋に休憩したと伝えられる(爺ヶ茶屋の起こり)  
1649年 慶安2年 ・碑文谷村に五人組結成  
1664年 寛文4年 ・三田用水が三田・芝あたりの飲料水として開かれる  
1704年 宝永1年 ・西運、目黒川に雁歯橋をかける  
1712年 正徳2年 ・三田村・上目黒村・碑文谷村が品川宿の助郷に加えられる  
1716年 享保1年 ・駒場野16万坪、幕府の鷹場となる  
1723年 享保8年 ・将軍吉宗、駒場野で猪狩を行うと伝えられる  
1724年 享保9年 ・享保7年に廃止となった三田上水を農業用水としての使用を沿岸農民が上訴、三田用水として復活する  
1732年 享保17年 ・享保の大飢饉  
1742年 寛保2年 ・碑文谷原、鶉場となる  
1746年 延享3年 ・下目黒村・中目黒村の町並地が町奉行支配地となり、下目黒町、中目黒町と唱える  
1762年 宝暦12年 ・このころ衾村総戸数258戸  
1765年 明和2年   ・関東農民20万人の大一揆
1769年 明和6年 ・太鼓橋完成  
1777年 安永6年 ・一軒茶屋彦四郎、将軍家治に団子・田楽を作り、提供したと伝える記録がある  
1789年 寛政1年   ・荏原郡戸越村の住人が孟宗竹を植付けたと伝えられる
1810年 文化7年 ・目黒元富士を上目黒村目切坂の上に築造  
1812年 文化9年 ・目黒不動・湯島天神で富くじの興行が許される  
1814年 文化11年 ・このころ目黒不動の門前町が繁昌する  
1819年 文政2年 ・幕臣近藤重蔵、目黒新富士を邸内に築造  

お問合せ

このページは、区民の声課 区政情報コーナーが担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9480

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.