トップページ > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援 > 育児支援サービス > 家事育児サポーター(産後ドゥーラ)利用費助成事業

更新日:2024年2月22日

ページID:3905

ここから本文です。

家事育児サポーター(産後ドゥーラ)利用費助成事業

家事育児サポーター(産後ドゥーラ)による支援サービスを利用した場合に、利用費の一部を助成します。
家事育児サポーター(産後ドゥーラ)は、産後のお母さまに寄り添い、心身の回復や家事育児のサポート等を行います。

対象者

以下の要件を両方満たしているかた

  • 目黒区にお住まいで、産後6か月以内の産婦のかた(産後7か月に達する日の前日まで利用できます。)。プランニング(支援サービス利用に向けた打合せ)は、産前の利用が可能です。
  • 目黒区と提携している家事育児サポーターに利用料金をお支払いしたかた。

助成内容

サービス 助成金額 助成の上限
プランニング 1,000円 1回限り
支援サービス 1時間あたり2,000円 対象のお子さんが単胎児の場合は30時間
対象のお子さんが多胎児の場合は60時間
  • お試しサポート、ベビーシッターは助成金対象外です。
  • 利用料金が助成金額を下回る場合は、利用料金の金額を助成します。
  • 1回の利用のうち、1時間未満の端数が出た場合は、切り捨てになります。(例)1回の利用が2時間30分の場合は、2時間分を助成します。
  • 「目黒区家事育児支援ヘルパー派遣事業」と併用して利用することができます。(同じ日の同じ時間帯に同時に利用することはできません。)

家事育児サポーター

目黒区と提携している家事育児サポーター一覧から、利用したい家事育児サポーターを選択してください。
(サービス内容、利用料金は、家事育児サポーターにより異なります。)

目黒区家事育児サポーター一覧(PDF:633KB)

利用の流れ

家事育児サポーターへ連絡

目黒区と提携している家事育児サポーター一覧から選択して、家事育児サポーターへ直接お申し込みください。
家事育児サポーターから予約方法・手続き等について、ご案内いたします。
(家事育児サポーターへお申し込みする際は、以下の内容をお伝えください。)

  • 「目黒区家事育児サポーター利用費助成」を申請したい旨
  • お名前(ふりがな)
  • ご年齢(例:20代、30から34歳、35から39歳、40から44歳など)
  • 最寄り駅
  • 出産(予定)日
  • 支援してほしい内容(例:料理、掃除、沐浴、赤ちゃんのお世話)など

サービス利用

予約の日時に家事育児サポーターが自宅に訪問し、プランニングまたは支援サービスを提供します。
家事育児サポーターに利用料金をお支払いください。

助成金申請

「目黒区家事育児サポーター利用費助成金交付申請書兼請求書」に必要事項を記入後、申請書の裏面「支援サービス等利用証明書」を家事育児サポーターに記入していただいてから、目黒区子ども家庭支援センター窓口へ持参または郵送で、申請してください。

助成金交付

助成金交付決定後、申請書に記載されている口座へ振込みます。
振込みは申請月の翌月下旬が目安です。

申請・提出期限

利用最終日または助成の上限時間に達した日から、30日以内に申請してください。
(プランニングのみ申請の場合は、出産の日または出産予定日から半年以内。)
複数回に分けて申請することもできます(同じ月の利用分は、月単位で申請してください)。

提出先

窓口持参の場合は目黒区総合庁舎6階目黒区子ども家庭支援センター事業係まで、郵送の場合は以下の宛先までご提出ください。

〒153-8573

目黒区上目黒2丁目19番15号

目黒区子ども家庭支援センター事業係

関連するページ

令和5年度目黒区ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)

お問い合わせ

子ども家庭支援センター 事業係

ファクス:03-5722-9684