トップページ > くらし・手続き > 国民健康保険 > 国民健康保険の概要 > 新しい高齢受給者証を7月中旬にお送りします

更新日:2024年6月10日

ページID:8039

ここから本文です。

新しい高齢受給者証を7月中旬にお送りします

国民健康保険高齢受給者証の更新

新しい高齢受給者証を7月中旬に「特定記録郵便」でお送りします。
特定記録郵便は、郵便局の配達員が郵便受けに投函します。郵便局の転送サービスをご利用中のかたは、転送先に届きます。また、普通郵便と異なり、配達状況を郵便局が記録します。

高齢受給者証の記載内容をご確認ください

高齢受給者証がお手元に届いたら、記載してある住所・氏名・生年月日等を確認するとともに、国民健康保険に加入している70歳から74歳の世帯員全員分の高齢受給者証があるかを確認してください。

期限切れの高齢受給者証

期限の切れた高齢受給者証は、使用できません。国保年金課(目黒区総合庁舎)または北部・中央・南部・西部地区の地区サービス事務所へお返しいただくか、ご自身で破棄してください。

高齢受給者証の負担割合

一部負担金割合は前年の住民税課税標準額を基に判定します。今までお使いの高齢受給者証の一部負担金割合とは異なる割合に変更している場合がありますので、確認してください。
詳細は次の「高齢受給者証(70歳以上75歳未満のかたの医療証)」内の「一部負担金割合の判定について」を参照してください。

高齢受給者証(70歳以上75歳未満のかたの医療証)

お問い合わせ

国保年金課 資格賦課係

ファクス:03-5722-9339