このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

文化財めぐり(碑文谷コース)

更新日:2013年9月24日

文化財めぐりは、2時間から3時間かけて目黒区内の文化財を見学して歩きます。平成23年3月13日(日曜日)に実施した文化財めぐりのコースを紹介します。

文化財めぐり(碑文谷コース)の行程

出発

9時30分 西小山にしこやま駅前出発

見学場所

  • 摩耶寺まやじ
  • 小山八幡神社こやまはちまんじんじゃ
  • 厳島神社いつくしまじんじゃ
  • 法界塚ほうかいづか
  • 円融寺えんゆうじ
  • 碑文谷八幡宮ひもんやはちまんぐう
  • 古民家こみんかすずめのお宿緑地公園すずめのおやどりょくちこうえん内)

解散

12時 すずめのお宿緑地公園すずめのおやどりょくちこうえん解散

文化財めぐり(碑文谷コース)の概要

このコースは、旧碑文谷村ひもんやむらをめぐるコースです。
碑文谷村ひもんやむらは、衾村ふすまむらとともに都市化が目黒地域より遅れた地域で、昭和初期までは農村風景が広がっていました。

碑文谷村ひもんやむらの開発は、現在の目黒線西小山にしこやま駅、洗足せんぞく駅と東横線都立大学駅、学芸大学駅の周辺から行われました。

これらの駅から離れた碑文谷八幡宮ひもんやはちまんぐう円融寺えんゆうじの周辺は、昭和10年代にはまだ畑が多く見られましたが、昭和20年代以降は急速に住宅地へと開発され、現在の形になりました。

円融寺えんゆうじは江戸時代まで、法華寺ほっけじという名で日蓮宗にちれんしゅうの寺としてたいへんに栄えました。

このため碑文谷村ひもんやむらでは、日蓮宗にちれんしゅうの信仰がさかんでした。今回は、この地域の成り立ちに関係する場所を巡ります。

文化財めぐり(碑文谷コース)見学場所の解説

1 西小山にしこやま駅周辺

西小山にしこやまは渋沢栄一が、小山八幡神社周辺の高台をイギリスの田園都市構想に沿って開発した住宅地です。大正12年(1923年)に目黒蒲田電気鉄道(東急旧目蒲線めかませんの前身)が開業し、小山駅(現在の武蔵小山駅)が最寄り駅でした。西小山にしこやま駅は居住者の増加に伴い、昭和3年(1928年)に開設されました。

開発が進むと立会川たちあいがわ周辺に商店街が現れ、やがて料亭などの三業地さんぎょうちが形成され昭和初期には政財界の集まりも盛んでした。
しかし、昭和20年5月の空襲で、一帯は焼け野原となりました。
戦後は闇市が立ち、料亭なども復興してにぎわいましたが、現在では住宅地と商店街になっています。

2 摩耶寺まやじ(品川区荏原7丁目6番9号)

寛文かんぶん7年(1667年)に開かれた、池上本門寺いけがみほんもんじを本山とする日蓮宗の寺です。

創建の経緯は不明ですが、碑文谷の法華寺ほっけじが幕府により日蓮宗にちれんしゅうから改宗させられたことと関係しているといわれており、釈迦の母の摩耶夫人まやぶにんをまつっています。

境内左手の摩耶堂は天保てんぽう年間(1830年から1844年)のもので、延宝えんぽう6年(1678年)制作の摩耶夫人まやぶにん像を安置しています。

3 小山八幡神社こやまはちまんじんじゃ(品川区荏原7丁目5番14号)

創建年代は不明ですが、鎌倉時代には既にあったともいわれています。

かつては小山一帯の鎮守で、字名あざなから池ノ谷いけのたに八幡、あるいは妙見みょうけん菩薩をまつっていたので妙見みょうけん八幡とも呼ばれていました。
八幡神社付近は高台で、小山の地名はこの丘にちなむといわれています。

近くにある江戸見坂えどみざかからは、江戸市中が見えたそうです。

4 厳島神社いつくしまじんじゃ(品川区小山こやま7丁目5番)

碑文谷村ひもんやむらとの境、小山こやま八幡神社の丘のふもとにある神社で、古くより里人により守られてきました。
境内の池は、丘に降った雨水がここで湧き出したもので、かつてこのあたりは「池の谷」と呼ばれていました。

5 法界塚ほうかいづか(目黒本町6丁目24番)

法界塚ほうかいづかの名は16世紀末の古文書にも見られることから由緒あるものと考えられますが、塚自体は法華寺ほっけじに関係する経塚とも古墳とも伝えられ、詳しいことは不明です。

隣に建つ鬼子母神きしぼじん堂は、鬼子母神きしぼじん、十八番神をまつっています。江戸時代に安藤氏が勧請したもので、明治末に品川区西小山の摩耶寺まやじからこの地へ移されました。

6 円融寺えんゆうじ(碑文谷1丁目22番22号)

慈覚大師じかくだいしが開いた寺といわれています。

仁寿にんじゅ3年(853年)に天台宗てんだいしゅう法服寺ほうふくじとして建てられました。

弘安こうあん6年(1283年)に日源上人にちげんしょうにんにより日蓮宗の法華寺ほっけじに改められ、時々の権力者の庇護もあり一大勢力を築きました。

しかし、法華経信者以外の者からはほどこしを受けず、また他宗の者へはほどこしをせずという不受不施ふじゅふせの教義を守ったことにより、江戸幕府によって元禄げんろく11年(1698年)に天台宗へ戻されました。

天保てんぽう5年(1834年)に名を円融寺えんゆうじに改め、今日に至っています。

仁王門(区指定文化財)木造金剛力士像(都指定文化財)は、その彩色から「碑文谷の黒仁王さん」として親しまれ、江戸後期には庶民の信仰を集め賑わいました。また、本堂(釈迦堂)(重要文化財)は室町時代初期の建造といわれ、東京都23区内では最古の木造建造物です。

7 碑文谷ひもんや八幡宮(碑文谷ひもんや3丁目7番3号)

碑文谷ひもんや村の鎮守で応神天皇おうじんてんのうをまつっています。創建年代は不明ですが、鎌倉時代に畠山重忠はたけやましげただの守護神を、家臣であった宮野氏がこの地にまつったのが起源といわれています。

本殿の隣には梵字ぼんじを刻んだ碑文石ひもんせきが保存され、この石が碑文谷ひもんやという地名の由来とする説もあります。

参道から立会川緑道たちあいがわりょくどうへ桜の樹が続き、春には花のトンネルになります。

8 古民家(碑文谷3丁目11番22号)

区立すずめのお宿緑地公園の一画に建つ古民家は、旧衾村ふすまむらの旧家、栗山家の主屋を移築し復元したものです。主屋の建築年代は江戸時代中期頃と考えられ、茅葺かやぶき屋根を銅板葺どうばんぶきに替えましたが、ほぼ往時の姿を残しています。

この公園の名は、昔、たくさんのスズメがこの竹林をねぐらにしていたことから付けられました。区内の竹林はほとんどが姿を消してしまいましたが、かつて目黒が“目黒の筍”というブランド筍の産地であったことを思わせる数少ない場所です。

お問合せ

このページは、生涯学習課 文化財係が担当しています。

所在地 〒153-0061目黒区中目黒三丁目6番10号(めぐろ歴史資料館内)

電話 03-5722-9320

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォンなどで利用できる防災地図アプリを配信しています。いざという時のために、ダウンロードしておきましょう。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.