このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

文化財めぐり(下目黒地域)

更新日:2013年9月24日

文化財めぐりは、2時間から3時間かけて目黒区内の文化財を見学して歩きます。平成23年11月26日(土曜日)に実施した文化財めぐりのコースを紹介します。

文化財めぐり(下目黒地域)の行程

集合

9時30分 目黒駅

見学場所

  • 夕日の丘
  • ドレメ通り
  • かむろ坂
  • 目黒不動(瀧泉寺)めぐろふどう りゅうせんじ
  • 海福寺かいふくじ
  • 五百羅漢寺ごひゃくらかんじ
  • 蟠龍寺ばんりゅうじ
  • 大聖院だいしょういん
  • 大鳥神社おおとりじんじゃ

解散

12時 大鳥神社おおとりじんじゃ

文化財めぐり(下目黒地域)の概要

下目黒地域は、目黒区内でも寺社が多く集まり、見所の多い地域です。

前半は、夕日の丘といわれた現在のドレメ通りから、目黒川方面へ歩きます。夕日の丘は、夕映えが美しい江戸期の名所でした。昭和の初め頃には、数百坪を1区画として分譲され、政財界の有力者が多く住んだそうです。また洋装教育の先駆けとなったドレスメーカー女学院も建設され、独特の落着いた街並みが形成されました。

後半は、目黒不動めぐろふどうとして親しまれている瀧泉寺りゅうせんじ、明治40年代に移転してきた羅漢寺と海福寺かいふくじ、旧下目黒村の鎮守、大鳥神社など、江戸期を偲ばせる文化財を見学します。

文化財めぐり(下目黒地域)見学場所の解説

1 夕日の丘(品川区大崎四丁目周辺)

淀橋台よどばしだいの先端に位置し、目黒川の谷を隔て西の荏原台えばらだいと向かいあった高台です。名の由来は、この丘の夕映えがたいへんに美しかったことによりますが、一説では、目黒不動めぐろふどうに参詣し江戸へ帰る人がこの丘から振り返ると、荏原台えばらだいに夕日が沈む様がまことに美しく、誰言うとなくこの名が付いたといわれています。

2 ドレメ通り(品川区大崎四丁目)

杉野すぎの学園は、大正15年(1926年)、東京市芝(現在の港区)に杉野すぎの芳子よしこドレスメーカースクールとして開校し、同じ年の11月に現在の場所に移転して多くの服飾関係者を輩出してきました。特に第二次世界大戦後は、これからは洋装の時代と、多くの入学希望者が押し寄せたということです。学園の校舎がこの通り沿いに並び、現在は“ドレメ通り”とよばれています。

また、この通り沿いには、屋根と周囲をガラス張りにして自然光を利用するグラス・ステージを持つ、日本で初めての映画撮影所が明治41年(1908年)につくられました。

3 かむろ坂(品川区西五反田四丁目)

「かむろ」とは、肩までで髪を切りそろえた児童期の髪型です。遊郭で遊女に仕えた童女がこの髪型をしていたので、狭い意味では遊郭の童女を指します。

かむろ坂の名は、江戸時代の平井権八ひらいごんぱち小紫こむらさきの悲恋話に由来します。

遊女小紫こむらさきと深い仲となった鳥取藩浪人の平井権八ひらいごんぱちは、金を得るために辻斬りを繰り返し処刑されます。小紫こむらさきは、目黒不動の近くにあった東昌寺とうしょうじ平井権八ひらいごんぱちの墓を訪れ、自害して後を追います。小紫こむらさきが帰らないので、店の主人はかむろを様子見に遣わしますが、帰り道で暴徒に襲われ、かむろはこの付近にあった池に飛び込み亡くなりました。これを悼んで坂の名になったと伝わっています。

4 目黒不動(瀧泉寺)めぐろふどう りゅうせんじ(目黒区下目黒三丁目20番26号)

大同だいどう3年(808年)に慈覚大師じかくだいしが開いたと伝わる天台宗てんだいしゅう寺院です。

本尊は不動明王ふどうみょうおうで、本堂裏には銅造の大日如来坐像(だいにちにょらいざぞう)(目黒区指定文化財)が安置されています。前不動堂(まえふどうどう)(東京都指定文化財)は、やはり不動明王ふどうみょうおうをまつっています。

その他、目黒区指定文化財の役の行者倚像(えんのぎょうじゃいぞう)勢至堂(せいしどう)などがあります。また裏山の墓地には、サツマイモ栽培を広めて飢饉から人々を救った青木昆陽の墓(あおきこんようのはか)(国指定文化財)があります。

5 海福寺かいふくじ(目黒区下目黒三丁目20番9号)

万治元年まんじがんねん(1658年)、隠元禅師いんげんぜんじが深川に開いた黄檗宗おうばくしゅうの寺です。

明治43年(1910年)に現在地に移転してきました。本堂は日比谷にあった中山大納言家なかやまだいなごんけの邸宅を移築したものといわれています。山門の手前には、東京都指定文化財の文化四年永代橋崩落横死者供養塔及び石碑(ぶんかよねんえいたいばしほうらくおうししゃくようとうおよびせきひ)があります。山門の朱塗りの四脚門(しきゃくもん)は目黒区指定文化財です。

境内には、東京都指定文化財の梵鐘(ぼんしょう)があります。また、武田信玄たけだしんげんの館にあったと伝わる九重きゅうじゅうの石塔がありますが由来など詳細は不明です。

6 五百羅漢寺ごひゃくらかんじ(目黒区下目黒三丁目20番11号)

黄檗宗おうばくしゅうの寺として、元禄げんろく8年(1695年)に本所に開かれました。

羅漢堂のほか螺旋構造らせんこうぞうの通路がめぐる「さざゐ堂さざえどう」と呼ばれた建物があり、江戸名所として富嶽三十六景ふがくさんじゅうろっけいにも描かれましたが、幾度かの天災に見舞われ、明治41年(1908年)に現在地に移転しました。

現在、本堂と羅漢堂らかんどうに、松雲禅師しょううんぜんじが浄財を集め十年あまりをかけて彫刻した五百羅漢像(ごひゃくらかんぞう)などのうち、305体が残され、東京都指定文化財になっています。

境内には、戦時慰問せんじいもんで広島を訪れ原爆の犠牲となった、移動演劇団さくら隊の原爆殉難碑げんばくじゅんなんひなどがあります。

7 蟠龍寺ばんりゅうじ(目黒区下目黒三丁目4番4号)

宝永ほうえい6年(1709年)、行人坂ぎょうにんざか付近にあった称明院しょうみょういん(1648年創建)を現在地に移し、戒律を厳守する寺として名を改めました。今でも、参道の右手に酒などの境内持込み禁止を刻んだ結界石けっかいせきが残り、戒律の厳しい寺(律院りついん)の名残を留めています。

本尊の阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)は平安時代の作で、東京都指定文化財になっています。また、山手七福神(やまてしちふくじん)のひとつに数えられ、本堂脇の岩屋には石造の弁財天べんざいてんがまつられています。

8 大聖院だいしょういん(目黒区下目黒三丁目1番3号)

弘治こうじ3年(1557年)に開かれたと言われます。江戸時代は隣の大鳥神社おおとりじんじゃを管理する寺でした。

境内には、織部形おりべがた石灯篭いしどうろうが三基あり、切支丹灯篭きりしたんどうろうともよばれています。

これは、千代ヶ崎ちよがさき(現在の目黒区三田付近)にあった島原藩主松平主殿頭しまばらはんしゅ まつだいらとのものかみ抱屋敷かかえやしきから移したものと伝えられています。

9 大鳥神社おおとりじんじゃ(目黒区下目黒三丁目1番2号)

旧下目黒村の鎮守ちんじゅで、ヤマトタケルノミコトを主神としてまつっています。大同元年だいどうがんねん(806年)創建と伝えられ、目黒区内で最も古い神社です。

毎年11月のとりの日に開かれるとりの市には、縁起物の熊手くまでを売る露店ろてんが立ち並び、多くの人が訪れます。

また、毎年9月の例大祭には太々神楽だいだいかぐら剣の舞つるぎのまい」が、11月の酉の市には太々神楽だいだいかぐら熊手の舞くまでのまい」が奉納されます。

お問合せ

このページは、生涯学習課 文化財係が担当しています。

所在地 〒153-0061目黒区中目黒三丁目6番10号(めぐろ歴史資料館内)

電話 03-5722-9320

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォンなどで利用できる防災地図アプリを配信しています。いざという時のために、ダウンロードしておきましょう。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.