このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

細菌性赤痢

更新日:2018年10月26日

平成30年10月23日に、目黒区内保育園における細菌性赤痢による集団感染の発生について発表を行いました。細菌性赤痢は、近年では重症化する事例は少なくなってきていますが、感染力が強く、施設や家庭等でも感染が拡大することがあり、十分な注意が必要です。

細菌性赤痢とは

どのような病気ですか?

細菌性赤痢は、ヒトやサルに見られる赤痢菌の感染症で、主な症状は発熱、腹痛、下痢、血便などです。潜伏期間は1日から5日(通常1日から3日)です。

感染する経路や予防方法は?

感染経路は経口感染です。菌に汚染された食品等を喫食することにより、感染します。
人から人への感染の場合には、患者の便や菌のついたものに触れた後、手洗いを十分にしなかった場合などに感染を起こす可能性があります。
予防のために、食事前やトイレ後に石鹸と流水による手洗いを行うことが重要です。
また、菌に汚染した可能性のある場所は、次亜塩素酸ナトリウム液などを用いて、適切に消毒することが必要です。

次亜塩素酸ナトリウム液の作り方

発生状況は?

年齢別の発生報告は全ての年代で見られますが、青年層が最も多くなっています。
近年は国外からの輸入事例が約70パーセントから80パーセントを占めており、推定感染地はインドやインドネシアなどのアジア地域が多くなっています。

治療方法は?

対症療法だけで良くなる場合もあります。
抗菌薬を使う場合、成人はニューキノロン剤、小児にはホスホマイシンを使用します。

学校保健安全法の取り扱いについて

学校保健安全法では第三種の感染症に指定されており、「病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで」を出席停止の期間の基準としています。

関連するページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。二次感染予防ガイドブック

東京都福祉保健局が作成した、細菌性赤痢などの腸管感染症に関するガイドブックです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。細菌性赤痢

東京都健康安全研究センターのホームページです。

お問合せ

このページは、保健予防課 感染症対策係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9896

ファックス 03-5722-9508

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.