このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の くらし・手続き の中の 国民健康保険 の中の 平成30年4月から国民健康保険制度が変わりました のページです。

本文ここから

平成30年4月から国民健康保険制度が変わりました

更新日:2021年4月1日

平成30年4月から、国が公費による財政支援を拡充するとともに、都道府県も保険者として国民健康保険制度を担っています。制度改正後は、都と区が協力して運営しています。

国民健康保険は区市町村が個別に運営していますが、平成30年4月からは東京都と区市町村が一体となって国保の運営を行います。

制度改正の背景

わが国の国民医療費は高齢化や医療の高度化により、近年44兆円を超えました。今後、いわゆる団塊の世代が75歳以上になり、団塊ジュニア世代も高齢者になる中、2025年以降には、少子化の進行に伴い、生産年齢人口である現役世代が急速に減少する局面になるといわれています。このような状況の中、国民皆保険制度を将来にわたって維持していくため、平成30年度に都道府県が国民健康保険の保険者に加わるなどの制度創設以来といわれる国民健康保険制度の大きな改正が行われました。

国保に加入されているかたに関係する変更点

(1)被保険者証等の様式が変わります。

都道府県が国保の保険者に加わるため、被保険者証(被保険者証、高齢受給者証、限度額適用認定証)などの様式には「東京都」が表記されます。
目黒区では、令和元年10月の被保険者証等の一斉更新時から新しい様式に変更しています。

(2)国保の資格取得・喪失は都道府県単位になりました。

同一都道府県内で住所を異動した場合は、国保の資格は変わりません。
ただし、各区市町村で国保資格の適用開始・終了の手続きが必要ですので、転居の際は必ず転入・転出手続きを行なってください。転居後の区市町村から新しい被保険者証が交付されます。

(3)高額療養費の多数回該当の回数が都道府県単位で通算されます。

同一都道府県内で住所を異動した場合、国保の資格が変わらないため、世帯の継続性が保たれている場合は該当回数が通算されます。

国保の届出などの窓口は変わりません

保険料の賦課や徴収、保険給付の申請、各種届出の受付はこれまでどおり目黒区が行います。

お問合せ

このページは、国保年金課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9809

ファックス 03-5722-9339

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォンなどで利用できる防災地図アプリを配信しています。いざという時のために、ダウンロードしておきましょう。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.