このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

子どもの権利擁護委員制度

更新日:2020年9月28日

目黒区では、平成17年12月に、子どもたちが元気にいきいきと過ごすことのできるまちを目指し、「目黒区子ども条例」を施行しました。さらに、子どもをいじめや差別・暴力等の権利侵害から守る仕組みとして、目黒区では平成20年1月に条例に設置が定められている子どもの権利擁護委員制度を設置しました。
子どもの権利擁護委員制度では、子どもにとっての最善の利益を実現するために、子ども相談室「めぐろ はあと ねっと」を運営しています。
子ども相談室「めぐろ はあと ねっと」では、子どもへの権利侵害について、子ども自身および保護者などの関係者からの相談や救済の申立てを受け、適切かつ迅速に解決していくことができるようにしています。

学校にかかわるよくある相談

  • 子どもが学校でいじめられているようだ。学校に行きたがらない。引きこもりになってしまわないか?
  • 学校に子どもの居場所がない。いつも一人でいるようだ
  • 学校の先生と子どもが合わない。学校には内緒で、子どものことを相談したい
  • トラブルが起こると、いつも一方的にうちの子どもが非難される
  • 子どもに発達障害の疑いがあると言われた。いろいろな相談機関に相談したが、どこにも対応をしてもらえない

ご家庭にかかわるよくある相談

  • 子どもがゲームやネットばかりして、家の外に出ようとしない。このままにしておいてよいか?
  • 子どもが家で決めたルールを守らない。注意をすると大喧嘩になってしまう
  • 離婚することになった。子どもにどう伝えればいいか?
  • 一緒に生活をしていない子どもと、どうかかわればいいのか?

その他のよくある相談

  • 子どもがクラスの子にぶたれて怪我をした。相手から謝罪もない
  • 保護者同士の関係が崩れ、子どもが仲間外れにされるようになった
  • 知り合いの子どもが親とうまくいっていないようだ。とても心配。他人だけれど、どうしたらいい?

対象

  • 目黒区にお住まいの方、または就学、勤務している18歳未満の方
  • 18歳未満のお子様をお持ちの保護者の方や、子どもに関わりのある方

相談日

水曜日から土曜日の午前10時から午後5時まで

子どもの権利擁護委員との面談

  • 電話で解決しない時には、子どもの権利擁護委員と面談での相談ができます。
  • 電話予約のうえ、子ども相談室「めぐろ はあと ねっと」においでください。
  • 面談は目黒区総合庁舎別館2階で行います。
  • お話いただく内容には守秘義務があり、堅く守られます。
  • 相談時間は1時間程度となります。
  • 解決のために、行動を起こしたい時には申立てができます。
  • 申立てがあった場合には、必要に応じて子どもの権利擁護委員が事実を確認し、事案によっては意見表明や改善要請がなされます。

相談
「子どもの権利擁護委員と面談での相談ができます」

子どもの権利擁護委員面談日

委員名日にち相談できる時間帯
相原委員10月10日(土曜日)10時から13時まで
10月24日(土曜日)10時から13時まで
11月7日(土曜日)10時から13時まで
11月21日(土曜日)10時から13時まで
12月5日(土曜日)10時から13時まで
12月19日(土曜日)10時から13時まで
米田委員10月15日(木曜日)10時から13時まで
10月29日(木曜日)13時30分から16時30分まで
11月19日(木曜日)10時から13時まで
11月26日(木曜日)13時30分から16時30分まで
12月10日(木曜日)10時から13時まで
12月24日(木曜日)13時30分から16時30分まで

委員の紹介

子どもの権利擁護委員には、子どもに関する事件や事案に詳しい弁護士と、児童福祉と子どもの心理を専門とする公認心理師との2人の委員がいます。令和2年1月9日から権利擁護委員が片岡委員から米田委員に変更となります。
相原 佳子委員(弁護士)
米田 弘枝委員(公認心理師)

相原佳子委員(弁護士)からのメッセージ

今までの特徴として、お母さまがお子さんの悩みを聞いて相談されることが多いように感じましたが、そんな時、可能な限り子ども自身の心情を汲み状況を把握して、子どもの権利擁護の職責を果たすべきと考えています。権利擁護委員は、現在生活している子どもたちが、自らの思いをきちんと表明でき、学び生活する場面ごとに、その権利を守ることができるようにすることが役目と考えます。できるだけ気軽に相談していただけるようにと、相談員共々考えています。迷ったら電話してみてください。

米田弘枝委員(公認心理師)からのメッセージ

子どもは、保護者や先生、社会の人々に守られて、心身共に健やかに成長する権利があり、保護者や社会の人々は子どもの権利が守られるように、子どもの健全な成長を守り育てる義務があります。しかし、近年、いじめや虐待など、子どもをめぐる環境は良好とは言えず、子どもが犯罪に巻き込まれる事件も多くなりました。
長く被害者支援に携わってまいりましたが、大切なことは、まず第一に相談できる場所があること、話を聞いてくれる人がいることです。是非一人で悩まず、「めぐろ はあと ねっと」を活用していただき、ともに課題に取り組んで行きたいと思います。

目黒区子どもの権利擁護委員制度事業報告

子ども条例

目黒区子ども条例の全文と広報用パンフレット

条例詳細は目黒区子ども条例の全文と広報用パンフレットでご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、子育て支援課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9596

ファックス 03-3715-7604

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.