このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

自立支援医療(更生医療)

更新日:2021年6月7日

身体障害者手帳をお持ちの18歳以上のかたで、障害を軽減するなどの手術や臓器移植後の抗免疫療法についての医療費の助成を行ないます。

医療内容や申請時期、所得等によっては対象にならない場合もありますので、必ず事前にご相談ください。

対象者

身体障害者手帳をお持ちの満18歳以上のかた。ただし、自立支援医療(更生医療)の対象となる障害が既に障害者手帳に認定されていることが必要です。

申請方法

次の書類をそろえて、障害者支援課へ申請してください。

  • 自立支援医療費(更生医療)支給認定申請書
  • 世帯・収入状況等申告書(自立支援医療用)
  • 自立支援医療(更生医療)意見書(概略書・見積り明細書等)
  • 健康保険証の写し(同一の保険に加入しているかた全員の写しが必要です

意見書、概略書及び見積もり明細書

  • 視覚、聴覚・音声言語機能障害(手術):様式1及び様式2
  • そしゃく機能障害(手術):様式1、2及び様式8
  • 肢体不自由機能障害(手術及び手術に伴うリハビリテーション):様式1及び様式2
  • 心臓機能障害(手術):様式1、2及び様式7
  • 心臓機能障害(臓器移植後坑免疫療法(新規)):様式1及び様式5
  • 心臓機能障害(臓器移植後坑免疫療法(更新)):様式4及び様式5
  • 肝臓機能障害(手術):様式1及び様式2
  • 肝臓機能障害(臓器移植後坑免疫療法(新規)):様式1及び様式5
  • 肝臓機能障害(臓器移植後坑免疫療法(更新)):様式4及び様式5
  • じん臓機能障害(手術):様式2及び様式4
  • じん臓機能障害(臓器移植後坑免疫療法):様式4及び様式5
  • じん臓機能障害(人工透析):様式4及び様式6
  • 小腸機能障害(中心静脈栄養法):様式4及び様式5
  • 免疫機能障害(坑HIV療法):様式4及び様式5
  • 訪問看護:様式4及び様式5

方針変更・期間延長又は受給者証記載事項変更の場合

注記

  • 医療機関は、都道府県指定自立支援医療機関に限ります。
  • 医療内容や申請時期、所得等によっては対象にならない場合もありますので、必ず事前にご相談ください。
  • 事前に申請していただき、東京都心身障害者福祉センター等の書類判定が必要です。

対象となる医療

主な自立支援医療(更正医療)の給付内容

手帳に記載されている障害名により受けられる主な医療の内容です。

視覚障害

  • 緑内障:緑内障手術(虹彩こうさい切除術、流出路再建術、濾過手術、緑内障治療用インプラント挿入術)
  • 白内障:水晶体再建術
  • 糖尿病性網膜症:増殖性硝子体網膜症手術、硝子体けい顕微鏡下離断りだん術、網膜光凝固術
  • 網膜剥離:網膜復位術、網膜光凝固術
  • 角膜混濁・角膜ジストロフィー:角膜移植術など

聴覚障害

  • 慢性中耳炎:鼓膜形成手術、鼓室こしつ形成手術、乳突にゅうとつ削開術
  • 真珠腫性中耳炎・耳硬化症:アブミ骨手術
  • 両側感音難聴:人工内耳埋込術など

音声・言語機能障害

咽頭いんとう摘出(人工喉頭植込み術):喉頭形成手術など

そしゃく機能障害

唇顎しんがく口蓋裂こうがいれつ:顎・口蓋裂こうがいれつ形成手術、口蓋裂こうがいれつ形成手術、上・下顎骨形成術、骨移植術、鼻咽腔閉鎖術、歯科矯正など

肢体不自由

  • 変形性股関節症:人工関節置換術、人工関節再置換術、骨盤骨切り術、寛骨臼かんこつきゅう移動術、臼蓋形成手術、大腿骨頭こっとう回転骨きりほねきり術、大腿骨近位部骨きりほねきり術、股関節内転筋切離術、骨移植術
  • 変形性膝関節症:人工関節置換術
  • 脳性麻痺:骨きりほねきり術、観血的かんけつてき関節固定術、きん切離術、腱切離術・腱切除術、腱移行術、腱延長術
  • 関節リウマチ:人工関節置換術、関節形成手術、観血的かんけつてき関節固定術、関節鏡下関節滑膜切除術
  • 脊柱せきちゅう管狭窄症:内視鏡下椎弓切除術、脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術
  • 後縦靭帯こうじゅうじんたい骨化症:内視鏡下椎弓切除術、黄色靭帯骨化症手術、腱延長術

心臓機能障害

冠動脈かんどうみゃく・大動脈バイパス移植術、経皮的けいひてき冠動脈かんどうみゃく形成術(PTCA・PCI)、経皮的けいひてき冠動脈かんどうみゃくステント留置術、(大動脈弁・三尖弁・連合弁の閉鎖不全又は狭窄に対する)弁置換術・弁形成術、不整脈ふせいみゃく手術(メイズ手術)、ペースメーカー移植術・交換術(電池交換を含む)、埋込型除細動器移植術・交換術、両室ペースメーカー移植術・交換術、心房(心室)中隔欠損閉鎖術など

小腸機能障害

中心静脈栄養法及びそれに伴う医療に限る。

免疫機能障害

抗HIV療法(HIVそのものに対する抗ウィルス療法)、免疫調節療法、その他HIV感染に対する医療

肝臓機能障害

肝臓移植術、肝臓移植後の抗免疫療法とこれに伴う医療

じん臓機能障害

血液透析、CAPD(持続携行式腹膜透析)、APD(自動腹膜透析)、血液透析を行うためのシャント設置(形成)術、CAPD用留置カテーテル装着(設置術)、シャント部分の炎症、血栓に対する治療、じん移植術、じん移植術後の抗免疫療法、じん移植術後の移植腎不適応のためのじん臓摘出術など

訪問看護

指定医療機関の医師が訪問看護による服薬管理棟が必要と認めたとき(訪問看護ステーションが自立支援医療(更生医療)の指定医療機関に指定されていること)

じん臓機能障害の人工透析治療の医療費

人工透析については、健康保険(特定疾病療養受療証りょうようじゅりょうしょう)及び難病医療費助成(マル都医療証)により医療費が助成されます。ただし、生活保護世帯のかたは、自立支援医療(更生医療)の申請が必要です。

  • 特定疾病療養受療証りょうようじゅりょうしょう(りょうようじゅりょうしょう)は加入している健康保険に申請してください。
  • マル都医療証は保健予防課又は碑文谷保健センターに申請してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、障害者支援課 身体障害者相談係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9850

ファックス 03-3715-4424

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.