このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

平昌2018冬季パラリンピック帰国報告会を行いました

更新日:2018年4月17日

 4月5日(木曜日)目黒区総合庁舎にて、平昌2018冬季パラリンピック競技大会パラアイスホッケーに日本代表として出場した堀江航ほりえわたる選手の帰国報告会を行いました。
 また、報告会では、堀江選手がパラリンピックで使用された競技用具のスレッジ、スティック、ユニフォーム、ヘルメットを展示しました。

堀江選手から報告

 堀江選手から「4年前のソチ大会出場を決める最終戦で負けてから、環境の変化や怪我に悩まされることもありましたが、今回、平昌大会の出場権を獲得し参加することができたことは、選手として大変記憶に残る経験となりました。また、家族や友人も応援に来てくれて、良い環境のなかで試合できたことが嬉しかったです。結果としては、世界と戦うことの厳しさを痛感した大会でした。今後、世界と戦うために取り組みや体制を変えていかなければと思いました。幸いなことにテレビやニュースでたくさん取り上げていただいたので、ぜひ、障害を持った若いかたがこの競技をやりたいと思ってくれれば嬉しいです。そして、この素晴らしい大会を経験した私が、情報を発信しメッセージを伝えていきたい」と報告がありました。


堀江選手による帰国報告

大西瞳さん及び恩師からのメッセージ

 堀江選手の報告のあと、リオ2016夏季パラリンピックに出場した大西瞳さん(目黒区役所勤務)からメッセージと質問がありました。

質問1 パラリンピックは他の大会と何か違うものがありましたか?

「パラリンピックはパラスポーツ最大のイベントですが、試合は普段どおりに、興奮しすぎないでやろうと思いました。また、選手村での生活も含めて楽しく過ごせました。」

質問2 スティックの使い方について教えて欲しいです

「スティックは片方にスパイクがあり、移動するときはスパイクで氷を漕いで移動し、ゴールするときに上下を持ち替える感じです。いかに早く持ち替えるか、また、両手にストックがあるので、利き手じゃないほうで扱えるように練習します。」

質問3 目黒区から観戦できる距離で試合はありますか?

「国内には4チームクラブチームがあり、年に1回クラブチーム内で試合をしています。会場はだいたい長野で開催されます。競技をどうやって見に来てもらうかも課題だと思っています。」

 続いて、堀江選手が緑ケ丘小学校に通っていた時の恩師喜多輝顕さん、区立第八中学校で教育実習をされた際の指導に当たった菊池純生さん(松村由紀子さん代読)、緑が丘児童クラブに通っていた時の恩師佐藤栄美子さんからメッセージが贈られました。


恩師の方々からメッセージ


最後に堀江選手を囲んで記念撮影を行い、終了となりました

お問合せ

このページは、オリンピック・パラリンピック推進課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9361

ファックス 03-5722-9754

本文ここまで

サブナビゲーションここから

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.