このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 教育委員会 の中の 学校教育 の中の 区立中学校の統合 の中の 南部・西部地区の学校統合 の中の 南部・西部地区の統合新校整備方針案の一部(位置、通学区域及び目指す学校像)を決定しました のページです。

本文ここから

南部・西部地区の統合新校整備方針案の一部(位置、通学区域及び目指す学校像)を決定しました

更新日:2022年9月16日

南部・西部地区の区立中学校の統合については、令和3年12月に改定した統合方針「望ましい規模の区立中学校の統合を目指して」において、令和7年4月を目標に「第七中学校と第九中学校」、「第八中学校と第十一中学校」を統合して新設中学校2校を開校し、令和9年度中を目途に建て替えにより整備する新校舎へ移転することを決定したところです。

改定した統合方針に基づき、現在、学校関係者、保護者、地域の方々等で構成される「第七中学校・第九中学校統合新校推進協議会」及び「第八中学校・第十一中学校統合新校推進協議会」を設置し、協議会の協議結果を踏まえ、令和4年度中に統合新校の基本的事項や開校に向けた具体的な取組を示した整備方針を策定する予定です。

この度、協議事項のうち、統合新校の位置、通学区域及び目指す学校像について、協議の内容がまとまり、協議会会長から教育長に対して報告がありました。
教育委員会では、令和5年度入学の隣接中学校希望入学制度の申請受付を10月17日から開始する予定であり、統合新校の位置、通学区域及び目指す学校像については、学校選択に際して大きな判断となることから、他の事項に先立ち、当該協議結果を踏まえて整備方針案の一部を以下のとおり決定しました。

第七中学校・第九中学校の統合

第七中学校・第九中学校の統合新校整備方針案の一部決定

協議結果を踏まえ、教育委員会で一部決定した内容は、以下のとおりです。

  1. 位置
    統合新校は、令和7年4月に現在の第七中学校の場所に設置し、新校舎建設後の令和9年度中を目途に現在の第九中学校の場所に移転します。
  2. 通学区域
    統合新校の通学区域は、現在の第七中学校と第九中学校の通学区域を合わせた区域とします。
  3. 目指す学校像
    以下の目指す学校像を基本として、新校の学校づくりを進めていきます。
目指す学校像学校づくりの視点
生徒が多様なひとびとと出会い、
協働して新たな価値を創造する学校
(生徒を中心とした視点)
・ダイバーシティ(注記1)を実現し、関わりを大切にした学習活動の充実
・豊かな心を育成する人権教育、道徳教育の推進
・実社会で生きる力をはぐくむ自発的、自治的活動の推進
生徒一人ひとりの豊かな可能性
を引き出し、しなやかに生きる力を
はぐくむ学校(教職員を中心とした視点)
・ウェルビーイング(注記2)を実現する、生徒も教員も活力あふれる
 教育課程を編成
・学ぶ意欲を高め、学びを深める先端技術の活用
・国際社会で活躍する人材を育てる国際理解教育の推進、
 コミュニケーション能力の育成
地域とともに育ち、地域に支えられ、
地域を支える学校
(地域を中心とした視点)
・地域運営を支える教育活動の推進
・地域や社会の教育力を活用した小中連携、企業連携の推進
・夢や希望をはぐくむキャリア教育や体験学習の充実

(注記1)ダイバーシティ:多様性の意。
(注記2)ウェルビーイング:一人一人の多様な幸せと社会全体の幸せの意。

第七中学校・第九中学校統合新校推進協議会の協議結果

協議結果の報告内容は、以下のとおりです。

協議結果に付記された留意事項

協議結果に付記された留意事項については、以下の考え方を基本として、具体的な取組を検討していくこととします。

  • 統合新校において生徒の充実した活動場所やスペースの確保を図るため、グラウンドや学校施設の整備の工夫に努めるとともに、統合後の跡地・跡施設や周辺施設の部活動等での活用等について検討します。
  • 統合新校の学校づくりにあたっては、第七中学校と第九中学校のこれまでの良き校風や伝統、教育活動を継承しつつ、これからの学校教育に求められる新しい学び等に取り組み、統合新校が望ましい学校規模を生かした「魅力と活力にあふれ、信頼できる学校」となるように努めます。
  • これまでの両校が培った地域との関係を統合新校において発展的に継承していくことができるよう、地域の意向を踏まえながら、更なる地域との連携・協働について検討していきます。

第八中学校・第十一中学校の統合

第八中学校・第十一中学校統合新校整備方針案の一部決定

協議結果を踏まえ、教育委員会で一部決定した内容は、以下のとおりです。

  1. 位置
    統合新校は、令和7年4月に現在の第八中学校の場所に設置し、新校舎建設後の令和9年度中を目途に現在の第十一中学校の場所に移転します。
  2. 通学区域
    統合新校の通学区域は、現在の第八中学校と第十一中学校の通学区域を合わせた区域とします。
  3. 目指す学校像
    以下の目指す学校像を基本として、新校の学校づくりを進めていきます。
目指す学校像   学校づくりの視点
人権尊重の精神を基調とし、自律的な学びと共創的な活動を通して、未来を切り拓く力を育てる学校 学びの充実 ・一人ひとりの理解度や特性に応じた学習機会の充実
・各教科の学びを生かした探究的な活動の推進
・学校の教育力を高める各種教育機関等との連携
豊かな心
・健やかな体
の育成
・生徒の主体性を大切にした学校行事の運営
・生徒自ら健康的な生活習慣の定着を図る取組の充実
・ユニバーサルデザインの視点に基づく学習環境の構築
地域との
連携
・地域との関わりを生かした「小・中連携子ども育成プラン」の推進
・地域を支える自覚を促す行事への参画
・健全育成を推進する学校と地域のパートナーシップの構築
誇りとやりがい
をもって勤務
できる環境
の構築
・校務支援体制づくりの推進
・業務改善につながる施設設備等の先進化
・幅広い教育活動への地域教育資源の活用

第八中学校・第十一中学校統合新校推進協議会の協議結果

協議結果の報告内容は、以下のとおりです。

協議結果に付記された留意事項

協議結果に付記された留意事項については、以下の考え方を基本として、具体的な取組を検討していくこととします。

  • 第八中学校の校地が統合新校の位置となる期間について、通学距離の関係から徒歩以外での通学を必要とする生徒が最適な通学方法の選択ができるよう、適切な通学負担の緩和措置を講じます。
  • 統合新校の学校づくりに当たっては、第八中学校と第十一中学校のこれまでの良き校風や伝統、教育活動を継承しつつ、これからの学校教育に求められる新しい学び等に取り組み、統合新校が望ましい学校規模を生かした「魅力と活力にあふれ、信頼される学校」となるように努めます。
  • これまでの両校が培った地域との関係を統合新校においては発展的に継承していくことができるよう、地域の意向を踏まえながら、更なる地域の連携・協働について検討していきます。

今後のスケジュール(予定)

令和4年 10月 小学6年生の保護者向け説明会の開催
(対象者には、別途開催通知を送付する予定です)
12月 統合新校整備方針案の策定
令和5年 1月から2月 統合新校整備方針案説明会の開催
3月 統合新校整備方針の策定

関連するページ

統合新校推進協議会だよりを発行しています

統合新校推進協議会(第七中学校・第九中学校)

統合新校推進協議会(第八中学校・第十一中学校)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、学校統合推進課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9301

ファックス 03-5722-9332

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.