このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

(答申) 第1 地域教育についての基本的考え方

更新日:2013年10月1日

「育ちの過程」

いうまでもなく、ひとのひととしての一生は家族の中で始まる。家族に生を受けた子どもは、父や母などの教育的愛情に包まれた第一次的環境としての家族の中で育まれ、独り立ちに向けて成長していき、やがては、育ちの環境を近隣の地域社会にまで広げるようになる。子どもにとっての近隣の地域社会は、父や母などとは異なるさまざまな「他人」と触れ合うことのできる場で、いろいろな世代に属し、いろいろな考え方や物の見方を持ち、いろいろな職業についている「他人」との関係を初めて取り結ぶことのできる第二の育ちの環境と言ってよい。

さらに、子どもは年齢が高まるにつれて、自分の生活のナワバリを確実に広げていく。それは、家族に始まり、近隣の地域社会に広げられた育ちの場所を一層膨らませようとする、子ども自身の本能的な成長の過程と言ってもよい。こうして、子どもたちの生活の圏域は、好奇心という子どもたちの本能的なバネの力を通して果てし無く広がっていき、やがては社会そのものにまで拡大するに至る。

「ともに育てる」

ひとの成長の過程をこのように見てみると、子どもが成長し社会の一員としての位置を占めるにいたるうえで、家族とは異なる「他人」の存在が重要な役割を持っていることが分かる。社会のなかで、このような、「他人」との触れ合いや交流を教育的に組織して子どもにあてがっている場所が学校と呼ばれる機関にほかならない。しかし、同時に、子どもは、学校の外の、地域社会と呼ばれる、いろいろな「他人」が暮らす空間で、さまざまな影響を、さまざまに受けながら成長していく。

このように考え進めてくると、子どもを育てる仕事は、本来的に、学校を含め地域社会あげての仕事であるはずである。家庭という環境も、学校という環境も、地域社会という環境も子どもの側から見れば、みな等しく、かけがえのない「自分」の生を展開する場所、育ちの場所である。本検討委員会が、地域教育について考える基本的考え方のひとつを「ともに育てる」に置こうとしているのは、このような考えに出発している。

「ともに学ぶ」

ところで、また、われわれが住まう地域社会をあらためて見つめ直してみると、地域社会にはさまざまな世代のひとびとが暮らしている。明らかに地域社会は、単に子どもだけの空間ではない。これまで、本検討委員会が使用してきた「育ち」という言葉の語感からすれば、育ちは特に子どもを指示した言葉である。しかし、ここでひとたび「育ち」のなかに含まれる「学び」という側面に注目すれば、「学び」は子どもをこえて、ひとびとすべての営みであるはずで、また、人生の一時期には限られない広がりを持っている。

この世に生をうけて以降のわれわれの暮らしはほぼ80年に及ぶ。子ども時代には、まず家庭で育まれ、その後にはさらに学校と地域社会にも支えられながら、独り立ちに向けての生の歩みが進められる。しかし、学校教育の修了はもはや「学び」の終了ではない。

激変する社会の変化に対応しつつ住み、働くためには、もはや人生の一時の「学び」のみでは十分ではなくなっている。知識の陳腐化は加速度的になっており、われわれの子ども期には思いもよらなかった新たな「学び」の必要に直面することも、われわれ自身が日常的に痛感するところとなっている。

こうして、わが国でしばしば語られる生涯学習も、本区における地域教育を考える基本とされる必要がある。そこで、本検討委員会は、「ともに育てる」とともに、「ともに学ぶ」もいまひとつの基本視点に据え、地域教育のあり方を考えることにした。

「理念実現のために」

こうして設定された「ともに育てる、ともに学ぶ」という理念は、もとより区民すべてに抱かれる必要があるが、また同時に、「育てる」「学ぶ」環境のあり方は、学校や区内教育施設、区役所等、本区の諸機関で働くひとびとを無視しては考えることができない。本検討委員会は本区に住まい、働くすべてのひとびとがこの理念を共有することを期待し、以下4つの観点を立てて、理念の具体化のための方途を考えることにした。

  1. 「開かれた学校」の推進、教育ネットワークをつくる
  2. 学校に、地域社会に「交流」空間、「居場所」をつくる
  3. 急速な地域社会変化に対応する
  4. 教育課題に対応する

お問合せ

このページは、学校統合推進課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9301

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.