このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 施設案内 の中の 施設で探す の中の 目黒区総合庁舎 の中の 目黒区総合庁舎における建築家村野藤吾氏の建築意匠概要 の中の 目黒区総合庁舎 車寄せひさし・エントランスホール・らせん階段 のページです。

本文ここから

目黒区総合庁舎 車寄せひさし・エントランスホール・らせん階段

更新日:2014年9月5日

車寄せひさし

  • 南口玄関の車寄せには、翼を広げたようなアルミのひさしがあります。ひさしは、左右8本づつの不規則に立つ柱で支えられています。
  • 村野氏はスケッチの段階では、ひさしを1本の柱で支える絵を描いており、できるかぎり軽やかなイメージにしたいと考えていました。

写真は、建設当時の撮影です。

エントランスホール

  • エントランスホールの床や壁は、白大理石張りで仕上げられています。中庭側には水が張られ、水面に接している地窓からの光が反射して天井をやわらかく照らします。
  • 反対側には、十字型のアクリルのオブジェが配置されています。オブジェ越の地窓からも外光が間接照明のように差し込みます。
  • 天井には、8つの明り取り窓があり、内側に作野旦平氏が制作したガラスモザイクによる四季が抽象的に表現されています。
  • ホールの奥には、岩田藤七氏による色ガラスブロックの袖壁があり、照明器具となっています。

らせん階段

  • 緩やかな曲線を描く美しい階段は、「階段の魔術師」と言われた村野氏の代表作の一つです。もともとは、3階の来客用玄関から2階大小会議室、4階の役員応接室、各客用フロアをつなぐ導線でした。
  • 階段は鋼鉄製で、最初の一段目があたかも浮いているように始まっており、階段裏側の滑らかな仕上げなど細部にいたるまで村野氏の階段に対する深い思い入れを感じることができます。
  • 構造的には、中央のアクリル製照明器具が仕込まれた柱で吊られている「吊り階段」です。吊り材を照明器具と一体化することで、階段の造形を損なうことなく、さらに吹き抜け空間のシンボル的な役割を担っています。なお、照明器具は現在点灯できません。

写真は、改修工事直後の撮影です。

お問合せ

このページは
総務課庁舎管理係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9182

ファックス 03-5722-9315

本文ここまで

サブナビゲーションここから

施設掲示板

イメージ写真

臨時休館などのお知らせ
施設の臨時休館や一般公開中止はこちらでご案内しています。

イメージ写真

屋内プール 今月の日程表
5つの目黒区立屋内プールの日程表です。

会議室のイメージ写真

区有施設の見直しを進めています
24年度から区有施設見直しを進めており、その検討状況を掲載しています。

コンピュータの写真

施設予約システム
集会施設とスポーツ施設を予約するシステムをご利用ください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。