このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

万葉歌碑

更新日:2015年1月16日

万葉集の歌碑

めぐろ区民キャンパス北西の角に万葉集の歌碑があります。

円形の石に三首が刻まれています。これらは、8世紀頃に荏原郡と呼ばれた目黒区を含む東京西南部の地域の防人さきもりとその妻によって詠まれたものです。かな文字のない時代でしたので、東国の方言を交えながら、万葉仮名で書きあらわされています。

防人さきもりとして東国から遠く九州に派遣されて故郷に残してきた妻を気遣う歌、生還の困難な夫を案ずる歌と、いずれも人間味のあふれる歌で、夫婦の愛情が伝わってきます。

しらたまを てにとりもして みるのすも いへなるいもを またみてももや
もののべのとしとこ

くさまくら たびゆくせなが まるねせば いはなるわれは ひもとかずねむ
くらはしべのとじめ

わがかどの かたやまつばき まことなれ わがてふれなな つちにおちもかも
もののべのひろたり

お問合せ

このページは、八雲中央図書館が担当しています。

所在地 〒152-0023 目黒区八雲一丁目1番1号

電話 03-5701-2795

ファックス 03-5701-2794

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.