地区巡回写真展「広島・長崎被爆写真展」が開催されました(令和3年8月20日)

更新日:2021年8月20日

戦争の記憶が薄れつつある今、平和の尊さ・大切さを未来につなげていくために、毎年8月、戦争の悲惨さを伝える写真展を開催しています。

今年は、8月3日(火曜日)から8月16日(月曜日)まで、目黒区総合庁舎西口ロビーで「平和のための写真・資料展」を開催したほか、8月1日(日曜日)から8月31日(火曜日)の間、目黒区内4地区を巡る「広島・長崎被爆写真展」を開催しています。

8月20日(金曜日)、現在会期中である目黒本町社会教育館(目黒区目黒本町二丁目1番20号)に、ケーブルテレビのイッツ・コミュニケーションズの記者が取材に訪れました。当日の様子は、イッツ・コミュニケーションズのニュース番組「地モトNEWS」で放映される予定です。

目黒本町社会教育館での写真展の様子
目黒本町社会教育館での写真展

お問合せ