バリアフリーの推進

目黒区では、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(以下「バリアフリー法」)に基づく目黒区交通バリアフリー推進基本構想を平成24年3月に改定し、区内のバリアフリー化を推進してきました。
その後、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の制定や、バリアフリー法が改正され、バリアフリーのまちづくりに向けた地域における取組強化が求められています。
このたび、これらの法改正を踏まえ、区全体のバリアフリー化の方針を示す「移動等円滑化促進方針(マスタープラン)」及び地区単位でのバリアフリー化の取組を示す「バリアフリー基本構想」を策定しました。
今後は、交通事業者、関係行政機関をはじめ、区民の皆さまのご理解とご協力をいただきながら、バリアフリー化やユニバーサルデザインの取組を着実に推進し、「だれもが暮らしやすく優しさと思いやりのあふれるまち めぐろ」の実現を目指していきます。

交通バリアフリーの進捗状況

目黒区移動等円滑化促進方針及びバリアフリー基本構想(令和4年3月策定)

目黒区交通バリアフリー推進基本構想(平成24年3月改定)

バリアフリー整備地区の整備計画

目黒区交通バリアフリー推進基本構想(平成16年3月策定)の経過