中心市街地活性化基本計画 1.中心市街地活性化基本計画策定の趣旨

更新日:2010年4月1日

自由が丘の文化的・お洒落といったイメージが失われつつあります

自由が丘地区は、目黒区における最大の広域的商業拠点であり、文化性・ファッション性の高いイメージの街として発展を続けています。また、後背地は良好な住宅地となっているとともに、小さいながらも質の高い店が点在し、洗練された自由が丘のイメージを特徴づけています。しかし、一方では鉄道による街の分断、交通渋滞、歩行の危険、駅前における建物の過密・老朽化、大型店の撤退や金融機関の店舗の統合・閉鎖、住宅地への商業店舗のにじみ出し等様々な問題を抱えるようになってきています。

自由が丘地区におけるまちづくりの課題は、このような広域的商業拠点としての発展と住環境の向上という二面的な問題の解消であり、どちらかに偏ることなく、商業地と住宅地が調和したまちづくりを行っていくことが必要となってきています。

中心市街地活性化法の制定

まちの中心市街地の衰退は全国的な課題であり、この解決のために関係省庁が共同連携し、支援を図ることを目的とした「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律」(通称、中心市街地活性化法)が平成10年7月に施行されました。

目黒区中心市街地活性化基本計画は、この法律に基づき、区として中心市街地のまちづくりの方向性を、市街地の整備と商業の活性化を軸としながら総合的に示すものです。