中心市街地活性化基本計画 8.重点プロジェクト

更新日:2013年10月1日

重点プロジェクト選定の視点

  • 1 自由が丘の魅力を発展させるまちづくりの事業
  • 2 バリアフリーや環境、情報化など時代のニーズに合ったまちづくり及び、良好な住環境の保全を図るまちづくりの事業
  • 3 自由が丘駅前に街の顔をつくる事業

中でも

  • 即効性のある事業
  • 長期的・継続的に進めることが必要な事業

まちの創造と商業開発

自由が丘というお洒落で個性的・文化的といった魅力を発展させ、これに合わせたまちづくり・商業開発を、TMO・行政・商店街振興組合・住民が一体となって行っていく。

  • まちに相応しい店舗の誘致
  • 情報案内所設置
  • ベンチ・トイレ等の設置
  • ホームページの作成
  • デビットカード
  • 憩いのネットワークの整備
  • 出店希望リスト・マップの作成
  • サイン・シンボルの設置
  • カラー舗装の整備
  • Eモ-ル・Eコマース
  • 歩行者優先ゾーンの設定
  • 駅舎のバリアフリー

歩行者空間の確保の写真
歩行者空間の確保

良好な住環境の保全

自由が丘の魅力の一つである閑静な住宅街を保全し、商業施設との調和を図っていく。

  • まちづくり協定の制定(にじみ出し抑制等)
  • 壁面後退・用途・容積などの制限
  • リサイクル活動の推進
  • 壁面緑化・屋上緑化・生け垣の設置等の緑化
  • 美化活動
  • 憩いのネットワークの整備
  • エコバスの導入
  • ゴミの夜間収集
  • レンタサイクルの導入

歩行者空間を充実させた道路沿いの住宅地の写真
歩行者空間を充実させた道路沿いの住宅地

自由が丘駅前の景観形成と鉄道の立体化

自由が丘の顔作りを目指し、都市計画道路整備・駅前広場整備・再開発事業・鉄道の立体化等を、行政、TMO、事業者が連携して整備していく。

  • 駅前広場の整備
  • 都市計画道路の整備(127号の一部)
  • 市街地再開発事業・地区再開発事業
  • 駅舎の改築
  • 駅舎のバリアフリー化
  • 鉄道の立体化

駅前広場周辺のイメージ
駅前広場周辺のイメージ