目黒区長メッセージ「3度目の緊急事態宣言を受けて」(令和3年4月26日)

更新日:2021年4月27日


目黒区長によるビデオメッセージ

3度目の「緊急事態宣言」が出されたことを受け、目黒区長から区民の皆さんへ、不要不急の外出自粛等、感染拡大防止のための基本的な行動をとることについて、ビデオメッセージで発信しました。

区長メッセージ全文

区民の皆さん、こんにちは。区長の青木英二です。
先日25日、東京都内には3回目の「緊急事態宣言」が発令されました。

目黒区の累計の感染者数は、残念ながら3,600名を超え、ここにきて感染者数が急増いたしております。り患された皆さん方には心からお見舞いと、そして一日も早い回復をお祈りいたしたいと思います。

さて、本日は、区長として3度目の緊急事態宣言が発令をされたことに当たりまして、区民の皆さんにあらためて3つのお願いをしたいと思います。

一つ目は、間もなく大型連休に入ります。ぜひ、不要不急の外出を控えていただきたいと思います。
そして二つ目は、集団での飲酒など、感染リスクの高い行動を自粛していただく。いや、もう自粛をするということではなくて絶対やめていただきたいと思います。
そして三つ目は、マスクの着用ですとか、こまめな手洗い、消毒、そして3密を避けるなど、今まで皆さま方にお願いをした感染拡大防止の基本的な行動を今一つ徹底していただきたいと思います。

目黒区では、原則、区立施設については来月の11日まで休止いたします。小学校、中学校そして保育園、こども園などは休止いたしません。しかし、ぜひご家庭でしっかりとお子さんを見守っていただきたいと思います。

区民の皆さん、今私どもはこの新型コロナウイルス感染拡大を食い止める、そういったときに置かれています。ぜひ、皆さん方には感染拡大防止の行動を今一つ協力をお願いしたいと思います。そして、皆さん自身、皆さん方のご家族、皆さん方の大切な方々の命、そして健康を守っていただきたいと思います。

私は区長として、そしてまた、感染拡大防止に向けての対策本部長として、28万区民の皆さんの命、生命を職員とともにしっかりと守っていくことにベストを尽くす決意です。今私たちは、このまま新型コロナウイルスの感染が拡大していくのか、それとも収束に向かっていくのか、大変重要な局面に立っています。ぜひ、感染拡大防止の行動、そしてまた、感染リスクを回避する、そういった慎重な行動を強く区民の皆さんにお願いいたします。

以上、区長青木英二からのお願いです。

区長によるビデオメッセージ

関連するページ

問合せ先

情報政策推進部広報課
電話:03-5722-9621

お問合せ