個人情報が記載された書類の紛失について(令和3年5月14日)

更新日:2021年5月14日

目黒区報道発表資料です

区が株式会社シニアライフクリエイト(以下「事業者」という。)に委託し実施している目黒区高齢者配食サービス事業において、当該事業利用者の個人情報が記載された書類を紛失する事故が発生しました。現在のところ、個人情報の外部流出による被害は確認されていません。

事案概要

事業者が運営する弁当宅配事業「宅配クック123」の配達員が、弁当の配達時に「納品確認書一覧」を紛失しました。紛失した「納品確認書一覧」には目黒区委託分として17人分の情報が含まれていました。

紛失した書類に記載されていた個人情報

当日の配達先の住所、氏名、電話番号、弁当の渡し方、緊急連絡先

経過

令和3年5月12日(水曜日)

配達員は8時45分に出発し、一軒目に到着したときに書類4枚が見当たらないことが分かりましたが、店舗に置き忘れたものと思い、配達を続けました。一度店舗に戻った際に関係者に拾われて届けられていると聞き、4枚すべて回収できたと思い込んでいました。

令和3年5月13日(木曜日)

  • 9時30分頃
    高齢福祉課に、事業者から書類が見当たらなくなった可能性があると連絡がありました。区は、引き続き捜索をするように当該事業者に指示しました。
  • 15時15分頃
    高齢福祉課が現場の店舗へ出向いて聞き取りや現場での状況確認を行うとともに、事業者と店舗や周辺を捜索したり、交番に問い合わせなどを行ったりしましたが、発見に至りませんでした。

令和3年5月14日(金曜日)

事業者及び高齢福祉課が利用者宅に伺い、紛失した経緯について説明の上謝罪しました。今後、不審な電話等があった場合には、高齢福祉課に連絡いただくよう、利用者にお願いしました。

原因

個人情報の記載された書類を適切に管理していなかったこと。

今後の対応(再発防止策等)

事業者に対し、個人情報の管理や持ち出しの取り扱いの改善について確認し、改めて周知徹底し再発防止に努めます。

お問合せ先

健康福祉部高齢福祉課在宅事業係
電話:03-5722-9839

お問合せ