目黒区長メッセージ「新型コロナワクチン接種券の送付と「心にさくらプロジェクト」のお礼」(令和3年6月16日)

更新日:2021年6月16日


目黒区長によるビデオメッセージ

新型コロナウイルスワクチン接種券の送付と、「心にさくらプロジェクト」のお礼について、目黒区長から区民の皆さんへビデオメッセージで発信しました。

区長メッセージ全文

区民の皆さん、こんにちは。区長の青木英二です。
本日は新型コロナウイルスワクチンの接種券の送付についてのお知らせと、そして、4月、5月大変お世話になりました「心にさくらプロジェクト」のお礼についてお話をさせていただきたいと思います。

まず、接種券の送付についてですけれども、6月12日読売新聞の朝刊社会面のトップに目黒区の接種が大変順調に進んでいる、全国でもトップレベルの接種率という報道がされました。ワクチン接種に関わっていただいている皆さんがた、そして、区民の皆さんに、心からご理解とご協力に感謝を申し上げたいと思います。

YouTube(ユーチューブ)で私のビデオメッセージが公表された6月16日現在、目黒区のホームページから基礎疾患のある方々や、また、高齢施設の従事者の皆さんの事前申請の受け付けを行っています。締め切りは今月18日までと期限があまりありませんので、該当する、そして、優先接種を望まれる皆さんには、ぜひお忘れなく申請をお願いしたいと思います。

申請をいただいた皆さんがたには接種券をお送りいたしますので、ぜひ1度目の接種についてはLINEでお願いしたいと思います。もちろん電話での対応も可能ですが、回線が混み合うこともございますので、ぜひLINEでのお申し込みをお願いしたいと思います。

また、60歳から64歳の皆様がたについても6月25日に接種券を送付いたします。60歳から64歳の皆さんについては事前申請の必要ございません。そして、予約受付は6月30日からとなります。予約方法については先程お話をさせていただいたとおりでございます。今日お話した基礎疾患のあるかた、高齢施設の従事者の皆さん、60歳から64歳の皆さんがた、そういった方々への情報が昨日発行されためぐろ区報に載っておりますので、ぜひ手に取ってその情報を確認していただきたいと思います。

さて、区民の皆さんがたには今回初めてのお知らせ、情報をお伝えすることになりますが、今月21日から企業、大学での職域接種を開始する旨の通知が国から私どもにありました。職域接種については接種券が必ず必要だということはございません。なくても接種は可能ですが、目黒区は50歳以上の方々について7月2日から、7月9日からは12歳以上のかたすべての皆さまに接種券の送付をさせていただくことといたします。この新型コロナウイルスの感染症というのは高齢化していくごとに、残念ながら死亡率や重症化率が高くなっていることが分かっております。こういったことを踏まえて目黒区では、年齢の高い順に原則接種を行っております。

年齢別の接種予約の開始については、今後国から目黒区へワクチンの供給や接種の状況を踏まえて、区報やホームページ、Twitter(ツイッター)等でお知らせいたしますが、ぜひ皆さんにはLINEの目黒区公式アカウントの友だち登録をしていただきたいと思います。そうしますと、プッシュ通知で皆さんがたに最新のワクチン接種状況をお知らせさせていただくことができます。

いずれにしても、私は今まで経験のないワクチン接種を職員とともに力を合わせて取り組んでいき、28万の区民の皆さんの命をしっかり守っていくことにベストを尽くしてまいりますので、どうぞ皆さんのご協力をお願い申し上げたいと思います。

そして2つ目については、4月、5月多くの皆さんにご協力いただきました「心にさくらプロジェクト」についてのお礼でございます。このプロジェクトの目的は文字どおり、新型コロナウイルス感染症対策の最前線に立っている医療従事者の皆さんをバックアップさせていただく、応援させていただく目的で中目黒の商店街の皆さんがたが、地元の飲食店にお弁当を発注し、応援メッセージと共に無償で区内の医療機関の皆さんにお弁当をお届けするプロジェクトでございます。

目黒区も多くの皆さんがたの感謝をしっかりと形に表すために、応援メッセージの募集箱を区役所庁舎内に設置し、また、クラウドファンディング型のふるさと納税のお願いを広くさせていただきました。このクラウドファンディングについては、目標を500万円、結果として、350万円を超える皆さんのご寄付を賜りました。達成率70パーセントを超えております。改めて皆さんにお礼を申し上げたいと思います。

そして、このプロジェクト、新聞やテレビなど多くのマスコミにも取り上げられました。改めて皆さんがたにお礼を申し上げたいと思います。まずは、言うまでもありません、医療の最前線に立っていただいている医療従事者の皆さん。そして、1日190食のお弁当を作ってお届けをいただいた、中目黒商店街の皆さん。また、感謝を込めて大変素敵なバイオリンの演奏を届けていただきました地元の東京音楽大学の学生さん。また、たくさんの応援メッセージを書いて下さった中目黒小学校の児童の皆さん。そして、総合庁舎、中目黒のカフェ、飲食店で応援メッセージを書いてくださった皆さん。また、横断幕や看板、デジタルサイネージなどのご協力をいただいたり、メッセージをお送りいただいた企業の皆さん。そして、クラウドファンディングにご協力いただきました区内外の皆さん。こういった皆さんに改めてお礼を申し上げ、皆さんのご協力によりまして、「心にさくらプロジェクト」のネーミングのとおり、心に桜の満開を達成することができました。大変心温まるこのプロジェクトを成し遂げることができました。改めてお礼を申し上げるとともに、引き続き、ぜひ最前線で戦う医療従事者の皆さんへのバックアップをお願いしたいと思います。

以上、区長青木英二から、接種券の送付、そして、「心にさくらプロジェクト」へのお礼のメッセージとさせていただきたいと思います。ありがとうございました。

区長によるビデオメッセージ

関連するページ

問合せ先

情報政策推進部広報課
電話:03-5722-9621

お問合せ