めぐの日記

更新日:2022年8月30日

めぐの日記

めぐの日記はめぐろ区報の連載です。めぐというキャラクターが目黒区のおすすめスポットなどを日記形式で紹介しています。
このページでは、これまでのめぐの日記をまとめて紹介します。

めぐのプロフィール

最近、目黒区に引っ越してきたインテリアコーディネーター。休日を使って目黒のまちを訪ね歩き、おすすめスポットを日記につづっている。

2022年9月1日の日記 円融寺の協力井戸(碑文谷一丁目22番22号)

お寺の境内を散策してたら、古い手押し井戸を発見。まだ現役なのかなと近づいてみたら、青いプレートに「震災時協力指定井戸」?スマホで検索すると、震災などの時に利用できる井戸なんだって。定期的に水質検査もしているらしい。いざというときのために、家の近くにあるか調べておこうかな。

円融寺の井戸
円融寺の協力井戸


めぐ

震災時協力井戸

災害時の生活用水や初期消火用の水(飲料は不可)の確保を目的に、区内170カ所の井戸を、震災時協力井戸として指定している。設置場所は、防災マップに掲載。

2022年8月1日の日記 おむすびカフェ米創庵

夏真っ盛り。じりじりとした日差しの中、どこか涼しい場所に入りたい!と思っていたら、区民センターでカフェの文字を発見。夏限定のベリーベリーパフェを注文。甘酸っぱくて夏にぴったり!喉も渇いてたから、ピンクグレープフルーツのクリームソーダも合わせて頼んじゃった。次は、看板メニューのおむすびプレートも食べたいな。

パフェの写真
ベリーベリーパフェとピンクグレープフルーツのクリームソーダ

めぐの服装
めぐ

店内の写真
落ち着いたレンガ調の店内

外観の写真
店の外観はガラス張りに「米創庵」の文字

おむすびカフェ米創庵(目黒区目黒二丁目4番36号 区民センター内)

営業時間は火曜日から土曜日の11時から17時。区内で弁当などの製造・販売・配達などを通じて、障害者の就労支援を行うNPO法人フードコミュニティ目黒のオリジナルブランド。

2022年7月1日の日記 目黒富士浅間神社(目黒区大橋二丁目16番21号 上目黒氷川神社内)

目黒で富士山の登山体験ができると聞いて、大橋の上目黒氷川神社に行ってみた。昔の人が、富士山を登る代わりに小型の富士山(富士塚)を作って登っていたらしい。神社の石段脇が登山道。途中には何合目かを表す標識があって、登っている感覚が味わえる。毎年7月1日は、富士山の山開きに合わせて、目黒富士の山頂にある浅間神社で大祭が行われるんだって。

浅間神社の写真
目黒富士浅間神社

めぐイラスト
めぐ

目黒富士登山
目黒富士登山口

目黒富士登山道
目黒富士登山道入り口

目黒富士浅間神社(上目黒氷川神社内)

富士山に対する信仰の神社。上目黒一丁目の目切坂にあった元富士を、明治11年氷川神社に末社として遷された。

2022年6月1日の日記 カトリック碑文谷教会(目黒区碑文谷一丁目26番24号)

友達とランチをした帰りに、すてきな教会を見つけた。中に入った途端にまるでヨーロッパにいるような錯覚に。美しい天井画は、1人の修道士が7年の歳月をかけた大作だって知ってびっくり。「江戸のサンタマリア」と呼ばれる聖母の絵画のレプリカも飾られていた。私もいつか、こんなすてきな教会で結婚式を挙げたいな。

カトリック碑文谷教会の写真
カトリック碑文谷教会(目黒サレジオ協会)

めぐの服装
めぐ

江戸のサンタマリアと呼ばれる聖母の絵画のレプリカの写真
江戸のサンタマリアと呼ばれる聖母の絵画のレプリカ

祭壇の写真
モザイク装飾が施された祭壇

カトリック碑文谷教会(目黒サレジオ教会)

サレジオ修道会が1954(昭和29年)年に建設したロマネスク様式(中世西ヨーロッパの建築様式)のカトリック大聖堂。
聖堂に入れるのは毎日7時から17時まで。

2022年5月1日の日記 自由が丘の新種のバラ(目黒区自由が丘一丁目30番)

新種のバラ「自由の丘」(名称登録中)の写真
新種のバラ「自由の丘」(名称登録中)

めぐの服装
めぐ

自由が丘で生まれた新種のバラがあると聞き、おいしいスイーツを探しがてら見に行ってみた。
駅前の自由の女神像の花壇に、赤みがかったきれいなピンクのバラを発見。
近づいてみると、いい香り!自由が丘で育てているミツバチのために開発されたんだとか。
限定商品として、採れたハチミツを使ったスイーツもあるらしい。食べてみたいなぁ!
咲き進むと上品なグレー系ピンクへと色が変わっていくらしい。変わった花の色も見てみたいな。

新種のバラ「自由の丘」(名称登録中)

自由が丘の都市養蜂「丘ばちプロジェクト」の一環で開発されたバラ。ミツバチの蜜源になるだけでなく、まちを訪れる人の目を楽しませている。

2022年4月1日の日記 目黒競馬場跡地(目黒区下目黒五丁目1番11号)

トウルヌソル像(元競馬場の碑)の写真
トウルヌソル像(元競馬場の碑)

めぐの服装
めぐ

目黒通りの植え込みに、馬の銅像を発見!なんでこんなところに馬?と思って、碑にある文を読んでみたら、なんと明治時代、目黒に競馬場があったとは。
しかも日本ダービーの第1回がここで開催!?だから、元競馬場っていう地名標なんだね。
銅像の馬の名は、トウルヌソル。
第1回日本ダービーの優勝馬ワカタカのお父さん馬かあ。タイムマシンがあったら見てみたいな。

トウルヌソル像(元競馬場の碑)

トウルヌソルは種牡馬。第50回日本ダービーを記念して、日本中央競馬会と大鳥前元競馬場通り商店街振興組合の協力で1983年(昭和58年)に建てられた。

過去のめぐの日記は次のページからご覧いただけます

読みたい記事募集中!めぐろ区報

めぐろ区報で読みたいこと、知りたいことを募集しています。
このごみはどうやってだしたらいいのかな?(ごみの出し方を知りたい)、こんなときはどこに相談すればいいのかな?(相談先・支援内容を知りたい)など、疑問に思うことや、知りたいことをお寄せください。

ご意見の送付先

お問合せ