平成28年5月15日(日曜日) 動物との楽しいふれあい!ポニーまつり開催

更新日:2016年11月5日

動画のサムネイル

動画の視聴

動画内の音声

5月15日日曜日、碑文谷公園で「ポニーまつり」が開かれました。

碑文谷公園は、都会ではめずらしくポニーに乗ることができる公園で、目黒区民の憩いの場となっています。ここでは毎年1回、この「ポニーまつり」を開催しています。
(碑文谷公園こども動物広場 副責任者 瀬戸川萌美さん)とにかく来園される皆さんに楽しんでいただくということが一番です。ご家族の皆さんで、それからお一人でも、動物を身近に感じていただきながら、一日楽しんでいただければ、と思っております。

毎年イベントで一際人気を集めているのが、「引き馬体験」です。普段中学生以下しか乗馬することができないポニーや馬に、この日は大人も乗ることができるため大人気となっています。

整理券の受け付けコーナーには、イベント開始直後から長い行列ができ、多くの家族連れが申込みをしていました。「引き馬体験」は親子や家族2人で一緒に乗ることもできます。
(イベントの音声)「おお」「頑張ってね」「じゃあ進みます」「いってらしゃい」
乗馬した参加者は「馬にまたがった時の視線が思ったより高い」と驚いていました。
(参加者インタビュー)なかなか乗れるチャンスがないので、非常に面白かったと思います。子どもにとっては初めてだったので、いい体験だったと思います。

こちらは手綱さばきや基本動作を学ぶ大人のための体験乗馬です。はじめに指導員から馬を操るときの説明を受けた参加者は、その後、並べられたコーンを避けて歩かせたり、軽く走らせたりして颯爽とした姿を見せていました。
(参加者インタビュー)ここの公園ではポニーによく子どもが乗せさせていたがいているんですけど、自分も乗りたいなという気持ちがあって、今回大人の体験もあったので、ぜひと思って来ました。馬の温かみとか揺れを直接感じるので、馬とうまくコミュニケーションがとれたような気がしました。

イベントでは、直接エサをあげることができる「ポニーにんじんあげ」が行われたほか、モルモットやウサギなどの小動物と触れあえるコーナーもあり子どもたちは目を輝かせながら動物に接していました。
天気にも恵まれたこの日。来場者は、普段体験できない馬や動物との触れ合いを楽しんでいました。
(参加者インタビュー)楽しかった。
(参加者インタビュー)楽しかったです。
(参加者インタビュー)(乗ってみたらどれぐらい高い?)椅子の上に乗ってるぐらい。来年もポニーまつりがあったらまた来たいです。

(碑文谷公園こども動物広場 副責任者 瀬戸川萌美さん)碑文谷公園ではいつでも動物たちと触れ合うことができます。中学生以下のお子様でしたら馬に乗ることができますし、ご家族皆さんで小動物と触れ合うということもできますので、ぜひ。お待ちしております。

お問合せ