区の紹介・歴史

昭和11年設立時の区役所庁舎(上)と現在の総合庁舎(下)の写真
昭和11年設立時の区役所庁舎(上)と現在の総合庁舎(下)

東京府荏原郡目黒町と同碑衾町が合併して東京市に編入され、目黒区が誕生したのは昭和7年10月1日のことです。(年表)
目黒区の面積は、14.67平方キロメートルで23区全体の2.4パーセントに当たり23区中16番目の広さです。目黒区は、武蔵野台地の東南部に位置し、区内は目黒川と呑川の谷が北西から南東に向かい、20から30メートルの深さのとい状の谷をつくっています。
区の木はシイ、花はハギ、鳥はシジュウカラです。

こんなまち 目黒区

名誉区民

区民栄誉賞

目黒区の主なイベント

友好都市

めぐろのさんま

目黒区総合庁舎における建築家村野藤吾氏の建築意匠概要

関連するページ