目黒のみち 油面地蔵通り

更新日:2014年2月3日

「目黒のみち」は、「月刊めぐろ」1972年3月号から1984年2月号の掲載記事を再構成し編集したものです。

目黒のみち 油面地蔵通り


油面地蔵通り

目黒消防署の筋向かいの油面(あぶらめん)交番を北に入る道が、高地蔵尊を中心として栄える商店街、油面(あぶらめん)地蔵通りである。

現在、地蔵尊は商店街のほぼ中央の堂舎内にあるが、元は目黒通りの前身、下野毛道に面して、油面(あぶらめん)交番の向かいの角にあった。そこは、三田・白金方面から続く下野毛道が、祐天寺方面と碑文谷、九品仏方面に分岐するところであり、地蔵尊を載せる台石に刻まれた(右面)「是より右ゆうてん寺」、(左面)「是より左九ほんぶつ」の文字から、道標でもあったことがわかる。それが、関東大震災後、目黒通りの拡張や周辺の宅地化により、現在地へ移転された。

子育て・眼病にも霊験あらたかとして、お参りする人も数多い。