第46回目黒区世論調査(令和2年度実施)

更新日:2021年4月15日

区民の皆様の意向を把握し、区政運営の参考にするため、世論調査を実施しました。今回の調査にも多くのご協力をいただき、ありがとうございました。調査結果は貴重なご意見として、今後の区政運営に生かしていきます。

調査の概要

調査方法

  • 調査対象 満18歳以上の区民3,000人(令和2年8月15日現在)
  • 標本数 3,000標本
  • 調査方法 郵送調査法(郵送配布、回答は郵送回収と電子申請を併用)
  • 回収総数 1,506票(うち電子申請による回答489票)
  • 有効回収率 50.2パーセント
  • 調査期間 令和2年10月5日から10月30日まで

調査項目

  1. 目黒区での居住について
  2. 暮らし向き・仕事
  3. 防災
  4. 地域活動・コミュニティ
  5. 運動・スポーツ
  6. 福祉・子育て
  7. 都市計画・街づくり
  8. 地球温暖化対策
  9. 生涯学習
  10. 広報・ホームページ
  11. 自転車の安全利用について
  12. プラスチック資源の分別
  13. 区の施策について
  14. その他

主な調査の結果

目黒区への定住性

今後も目黒区に「ずっと住んでいたい」と「当分の間は住んでいたい」を合わせた定住意向は94.0パーセントで、平成11年以降は95パーセント前後の高い割合を保っています。
目黒区に住んでいる理由は

  • 「通勤・通学に便利、交通の便がよいから」
  • 「昔から住んでいるから、生まれた時から住んでいるから」
  • 「身近な商店街など買い物に便利だから」
  • 「緑の多い落ち着いた住環境だから」
  • 「親や親戚が近くに住んでいるから、親と同居しているから」

などが挙げられています。

区の施策

目黒区の施策として特に優先すべきものの

  • 第一位は「災害に強い街づくり」で53.9パーセント
  • 第二位は「震災、風水害などへの備え」で39.4パーセント
  • 第三位は「日常生活の安心・安全」で32.7パーセント
  • 第四位は「子育て支援の充実」で28.8パーセント
  • 第五位は「保険・医療体制の充実」で25.2パーセント

でした。

調査報告書

調査報告書は、区役所の区政情報コーナー目黒区総合庁舎本館1階)、図書館地区サービス事務所(東部地区を除く)、及び住区センターで、ご覧になれます。区政情報コーナーでは、1冊400円で販売しています。

概要版

報告書

お問合せ