その他の給付内容(後期高齢者医療制度)

更新日:2021年4月2日

療養費の支給

次のようなときは、いったん医療費の全額を支払いますが、申請し認められると、一部負担金相当額を差し引いた金額が払い戻されます。

  • 急病などで、保険証を持たずに受診したとき
  • 医師が必要と認めたコルセットなどの補装具を購入したとき(申請書ダウンロード
  • 医師が必要と認めたあんま、はり、きゅう、マッサージなどの施術を受けたとき
  • 骨折、脱臼などで柔道整復師の施術を受けたとき(ただし、療養費の受領委任の取り扱いをしている柔道整復師の施術を受けた場合は、一部負担金で施術が受けられます)
  • 海外旅行中などに診療を受けたとき

移送費の支給

移動が困難な患者が、医師の指示により緊急的にやむを得ず移送された場合で、申請し必要と認められたときは、移送費が支給されます。

葬祭費の支給

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなられたとき、葬儀を行ったかたに7万円が支給されます。
ただし、後期高齢者医療制度の被保険者となって3ヶ月以内に亡くなられたかたで、以前加入されていた健康保険から葬祭費(埋葬料)が支給される場合は支給されません。

申請期間は、葬祭(告別式)を行った日の翌日から2年以内です。
郵送で申請することもできます(申請書ダウンロード)。

窓口での申請に必要なもの

  • 葬儀を行ったかたの氏名が確認できるもの(葬儀費用の領収書の写し)
  • 葬儀を行ったかたの振込先情報(銀行名、支店名、口座番号等)

申請書の郵送をご希望のかたは、後期高齢者医療係までご連絡ください。

申請窓口

高額介護合算療養費の支給

1年間(毎年8月から翌年7月)に支払った後期高齢者医療制度の一部負担金の額と介護保険の利用者負担額の世帯での合算額が下記の限度額を超えたときは、その超えた金額が支給されます。

高額介護合算療養費の限度額(年額)
負担割合 所得区分 世帯単位の限度額
3割 現役並み所得3 212万円
3割 現役並み所得2 141万円
3割 現役並み所得1 67万円
1割 一般 56万円
1割 区分2 31万円
1割 区分1 19万円

関連するページ

区分2・1については、こちらをご覧ください。