集積所で回収する資源 古紙の出し方 (町会などによる集団回収)

更新日:2021年1月15日

古紙の回収

家庭から出る古紙の回収は、地域の町会・自治会などが実施する集団回収により行っています。

回収曜日

回収曜日は町会等によって異なりますので、「古紙回収 曜日一覧」でご確認ください。なお、マンション等で独自に回収している場合はマンション等のルールに従ってください。

商店や事業所

商店や事業所から出た古紙は、地域の集団回収に出すことはできません。詳しくは、「事業者の方へ(廃棄物の排出責任)」をご覧ください。

古紙の回収方法

出す場所

ごみの集積所

出す時間

午前8時までにお出しください

古紙として出すもの

新聞

折込チラシも一緒にお出しください。

雑誌類(雑誌・書籍・雑がみ)

雑がみ(ざつがみ)とは紙箱・パンフレット・カタログ・ノート・包装紙・封筒などの紙類です。紙以外の素材は取り除いてお出しください。

段ボール

古紙として出せないもの

次の表にあるものは再資源化できませんので、燃やすごみに出してください。

古紙の回収に出せないもの
古紙に出せない紙 主な品目など
油や食品残さのついた紙 ケーキやピザの箱で食品が付着したもの、油紙など
汚れやにおいのついた紙 洗剤や線香の箱など
粘着物のついた紙 付せん、のり付き封筒など
防水加工された紙 紙コップ、紙皿、紙製のヨーグルトの容器など
ビニールコート紙 圧着ハガキなど
感熱紙 レシートなど
アルミコーティングされた紙 小型の紙パック、お酒のパックなど内側が銀色のもの
その他 写真、カーボン紙、捺染紙、感光紙、紙おむつ、ティッシュ
シュレッダーされた紙、紙製卵パック、果物等の紙製緩衝材など

出し方のルール

  • 新聞紙は、折込チラシも一緒に束ね、ひもでしばってお出しください。
  • 雑誌類は、ひもでしばってお出しください。
  • 雑がみ(ざつがみ)は、雑誌やパンフレットなどで挟むか紙袋に入れてお出しください。
  • 段ボールは、折りたたんでお出しください。2枚以上ある場合はひもでしばってください。粘着(ガム)テープでは束ねないでください。
  • 古紙は、ビニール袋や段ボール箱に入れて出さないでください。
  • ごみストッカー(収集庫・保管庫)が設置されている場合は、中に入れず外側に置いてください。ごみストッカーに入れてしまうと回収できません。
  • 古紙は雨の日も回収します。

新聞・雑誌類はそれぞれ分類して、段ボールは折りたたんでから、ひもでしばって出していただくという古紙の出し方のイメージ
新聞紙、雑誌類、ダンボールのまとめかた

古紙についてのよくあるご質問については、古紙の出し方などについてをご覧ください。

関連するページ

お問合せ