ウクライナ避難民の支援を進めていきます

更新日:2022年6月16日

目黒区では、ウクライナ避難民が安全に安心して生活できるよう下記のとおり支援を進めていきます。

担当窓口

文化・交流課に相談窓口を設置します。

  • 場所:目黒区役所総合庁舎4階
  • 電話:03-5722-9291(平日8時30分から17時15分まで)

生活支援サービスの提供

住居支援

東京都と連携しながら、必要な対応を行います。

通訳支援

区が契約している通訳サービスの利用や、目黒区国際交流協会の通訳ボランティアの活用を行います。

個別支援

避難民の状況について個々に生活支援の必要性等を聞き取りし、適切な行政サービス等へつなげます。

寄付金の活用

目標金額に到達しました。ありがとうございます。みなさまからの温かいご支援をお待ちしております。

本プロジェクトは、多くのみなさまからご支援をいただき、目標金額である500万円を達成しました。
ご協力いただき、心よりお礼申し上げます。
7月17日(日曜日)まで実施しておりますので、引き続き温かいご支援をよろしくお願いいたします。

現在、区内には複数名の避難民の方が生活しており、目黒区国際交流協会と連携し、見舞金や生活物資の支給を進めています。
いただいたご寄付をもとに、今後も避難民の方が安心して生活できるように努めてまいります。

その他

必要なサービスの提供にあたっては、国や東京都の対応も踏まえつつ迅速かつ柔軟に行います。
目黒区国際交流協会等の関係機関や民間企業とも連携協力を図ります。

ウクライナ避難民の方から目黒区へのメッセージ


ウクライナ避難民の方からのお手紙

(翻訳文)

「羽田空港に着陸して数分後、日本人のみなさんのお優しい顔と笑顔を拝見し、安心感を覚えました。
電話一本で無料のアパートの提供してくださった東京の自治体に感謝します。私の家族の近くにある素晴らしいアパートで感激しております。
目黒区役所では、気遣いと配慮をもって迎えられ、多くの時間を割いていただき、早急に住民登録をし、また保険にも加入いたしました。私たちがなにを必要としているのかわかってくださり、またインターネット環境も整えてくださいました。
故郷の自宅を捨てなければならなかった私たちウクライナ人に、とても親切に配慮をもって接してくださった日本政府に感動しています。日本で安心して過ごせるように支援してくださり、本当に感謝しています!」

お問合せ