目黒区出身の白子未祐選手(女子7人制ラグビー)が東京2020オリンピック競技大会に出場しました

更新日:2021年8月10日

目黒区出身の白子未祐選手(女子7人制ラグビー)が東京2020オリンピック競技大会に出場しました。
白子選手は4試合に出場(3試合が先発出場)し、攻守両面で全力プレーを披露しました。
日本代表チームは12位という成績を残しました。

白子未祐選手の写真
写真提供:公益財団法人日本ラグビーフットボール協会

プロフィール

氏名

白子 未祐(しらこ みゆう)

生年月日

1995年7月22日

身長

173センチメートル

競技

7人制ラグビー

所属

ナナイロプリズム福岡

経歴

小学校から高校時代はバスケットボール、大学時代はラクロスに打ち込む。2017年にラクロスのU22日本代表としてアジア・パシフィック選手権優勝を果たす。関係者の誘いで7人制ラグビーを始め、懸命に努力を積み重ねた結果、競技歴わずか2年あまりで東京2020オリンピック競技大会日本代表入りを果たす。

7人制ラグビーとは

1チーム7人でプレーするラグビーで、セブンスともいう。基本的なルールは15人制と同じだが、大きく異なる点は試合時間で、15人制の40分ハーフに対し、7分から10分ハーフで行う。15人制と同じフィールドで行うため、展開が速く、多くのトライが生まれることが大きな見どころのひとつ。

協力

お問合せ