平成19年6月30日から、戸籍事務をコンピューター化しました

更新日:2018年6月15日

行政サービスの向上と事務処理の効率化のため、コンピューターによる戸籍事務を開始しました。

コンピューター化のメリット

これまで、戸籍の原本は和紙にタイプライターや手書きで記載していたため、大変手間と時間がかかっていました。今後は、コンピューターで処理を行うため、婚姻届や出生届などの届け出から戸籍編製までの時間が短縮されます。
また、証明発行に要する時間も短くなります。

名称が変わりました

「謄本」は「全部事項証明書」に、「抄本」は「個人事項証明書」に名称が変わりました。

様式が変わりました

証明書の様式が「B5判・B4判の縦書き」から「A4判の横書き」に変わりました。記載内容も項目別になり見やすくなりました。

また、証明書の区長印も「朱肉印」から「黒色印」(電子印)に変わりました。

様式はこのように変わりました

戸籍証明書の主な変更点(一覧表)
概要 従来 コンピューター化後
名称 戸籍謄本 戸籍全部事項証明書
戸籍抄本 戸籍個人事項証明書
様式 B4判横長 A4判縦長
書式 文章体縦書き 項目別横書き
公印 朱肉印 黒色の電子印

イメージ画像:従来の証明
従来の証明

イメージ画像:コンピューター化後の証明
コンピューター化後の証明

個人情報を厳格に保護します

戸籍の管理には、これまでも細心の注意を払ってきました。コンピューター化後も、ほかのコンピューター・システムとは接続せず、またパスワードによる操作者の限定など、戸籍データを厳格に管理し、今まで以上に個人情報の保護に取り組んでいきます。

受付窓口

戸籍の届出

区役所1階戸籍住民課戸籍届出係

証明書等の発行

  • 区役所1階戸籍住民課戸籍証明係
  • 各地区サービス事務所
  • 目黒駅行政サービス窓口

よくある質問

お問合せ