住区センター

緊急事態宣言の解除に伴い、令和3年10月8日(金曜日)から住区会議室等の夜間(午後6時から午後9時まで)の利用を再開しています。
なお、令和3年10月25日(月曜日)から老人いこいの家及び高齢者センターの目的外使用を再開します(児童館の目的外使用はできません。)。

利用内容

利用時間帯

利用できる時間帯は午前(午前9時から正午まで)、午後(午後1時から午後5時まで)及び夜間(午後6時から午後9時まで)です。なお、受付窓口時間は午後8時までです。

利用目的

軽運動や物品を共用する活動、音を大きくしない楽器等演奏の利用を可能とします。ただし、大きな声、呼気が激しくなる運動、対人距離の確保やマスク着用が困難な活動の利用は、引き続きできません。なお、活動できる内容の詳細は施設ごとに異なりますので、各住区センター窓口にお問い合わせください。

注記

  • 利用にあたっては、施設備え付けの消毒セットにより、机や椅子等施設付帯備品(軽運動等は床)の消毒を行うとともに、共用する物品がある場合は、利用毎に消毒してください。
  • 30分毎に室内の窓及び出入口扉等を開放し十分な換気をしてください。また、開放時は日常会話以上の音の活動は休止してください。
  • 十分な換気のため、原則として室内の窓等が開放できる会議室等が利用できます。また、各室の利用定員を、引き続き現行の半数程度に制限します。(窓等がなく開放ができない会議室等(地下にあるレクリエーションホール、音楽室等)は利用できません。)利用できる会議室等や利用人数については、次の一覧でご確認ください。

利用に当たっての注意事項

  • 施設内(室内含む)ではマスクを着用してください。
  • こまめな手洗い、手指の消毒をしてください。
  • 室内では対人距離(2メートルを目安)を確保し、対面での利用は避けてください。
  • 参加者名簿を作成し、保管してください。また、感染者が発生した場合は速やかに施設にご連絡ください。
  • 発熱など風邪の症状がある場合、利用しないでください。
  • 料理学習室の利用に伴う同室内での試食を除き、施設内では食事をしないでください。(会議室、ロビー、共用部分等での食事は禁止です。)
  • コロナ禍において、利用できなかったことによる使用料の還付については、ご利用時間前までにご連絡があれば、後日でも手続することが可能です。

ご不明な点については、各地区サービス事務所までお問い合わせください。

概要

住区センターでは、転入・転出等の届出や住民票等の発行業務は扱っておりません。転入・転出等の届出や住民票等の発行業務は、地区サービス事務所(東部地区を除く)をご利用ください。

住区センター会議室

住区センターの会議室を利用したいかたは、「施設予約システム(集会施設)」のページをご覧ください。

各住区センター

碑住区センター会議室の利用を再開(令和3年11月2日から12月26日の期間)します

8月1日から住区センターの利用時間(夜間)が変更になりました

下目黒住区センター臨時休館のお知らせ

駒場住区センター

菅刈住区センター

東山住区センター

烏森住区センター

中目黒住区センター

田道住区センター

田道住区センター三田分室

下目黒住区センター

不動住区センター

上目黒住区センター

油面住区センター

五本木住区センター

鷹番住区センター

月光原住区センター

向原住区センター

碑住区センター

原町住区センター

大岡山東住区センター

大岡山西住区センター

中根住区センター

自由が丘住区センター

自由が丘住区センター宮前分室

八雲住区センター

東根住区センター

関連するページ

22ある住区には、それぞれ住区センターが設置されています。

目黒区の施設をより身近で便利にご利用いただくために、インターネットを通じて、自宅等のパソコンや携帯電話、各施設に設置された利用者端末機から施設の空き状況の検索や予約を行なうシステムで、平成20年12月から住区会議室にも導入されました。

区民が主となって活動する地域の団体に住区センター会議室を優先的に利用してもらうことにより、地域活動の活性化を図り、地域のコミュニティ形成を促進しようとするものです。