地域のサークルについてのよくあるご質問

更新日:2013年10月1日

1

質問

区で行っている講座を知りたいのですが、どのようなものをやっていますか

お答えします

各社会教育館や緑が丘文化会館、青少年プラザで社会教育講座を行っています。詳しくは、めぐろ区報やホームページでお知らせいたします。
年間の予定をお知りになりたい場合は、上記の施設や生涯学習課にお問い合わせください。区内の社会教育講座の予定をご案内いたします。各館ごとの年間の予定もホームページでご案内しています

2

質問

区内で活動している団体・サークルに入りたいのですが、どうすればいいですか

お答えします

目黒区集会施設予約システムでは、施設に登録している団体を紹介しています。

3

質問

サークルを作って活動を始めたいのですが、区内にはどのような社会教育施設がありますか

お答えします

6か所の社会教育施設があります。それぞれの施設によって部屋の大きさや料金が異なりますので、詳しくは、各館のページをご覧ください。

4

質問

社会教育関係団体として登録したいのですが、手続きはどのようにすればいいのですか

お答えします

社会教育関係団体は、社会教育に関する活動を行う5人以上の団体で、
1.団体構成員のうち半数以上が区内在住、在勤、在学の方であること
2.会費等の自主的な財源により運営していること
3.目黒区地域活動団体として登録していないことなどが要件となります。
詳細については、各施設にお問合せ下さい。
登録の申請は、各社会教育館、緑が丘文化会館、青少年プラザで受け付けます。また、社会教育関係団体登録のご案内のページをご覧ください。申請書はホームページからダウンロードできます。
青少年団体については、要件が異なりますので、上記の館にお問い合わせください。

5

質問

サークルを作って活動を始めたときには、どのような支援がありますか

お答えします

社会教育関係団体として登録すると、区内6か所の社会教育施設を一般団体より早く申し込みすることができ、料金も登録団体料金として安くなります。施設使用料も登録団体料金となりますので、一般料金より安くなります。
また、指導者を派遣する制度もあります。

6

質問

社会教育関係団体とは何ですか

お答えします

社会教育関係団体は、以下の条件を満たす団体のことです。
1.自主的な団体で、組織的かつ継続的に社会教育に関する事業を行うことを主たる目的とし営利活動、特定の政党活動・政治活動をおこなわないこと
2.会員が5人以上で、その半数以上が区内在住者、在勤者、在学者であること
3.会費等の自主的な財源により運営していること
4.目黒区地域活動団体として登録していないこと
登録の申請は、各社会教育館、緑が丘文化会館、青少年プラザで受け付けます。
申請書はホームページからダウンロードできます。

お問合せ