このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の くらし・手続き の中の 安全・安心 の中の 防災 の中の 災害に備える の中の 家具類の転倒・落下・移動防止対策をしましょう のページです。

本文ここから

家具類の転倒・落下・移動防止対策をしましょう

更新日:2018年7月19日

日頃から、身の安全の備えに有効な家具類の転倒・落下・移動防止対策をしておきましょう。

家具類の転倒・落下・移動による3つの危険

地震が発生して、家具類の転倒・落下・移動が起こると、次のような危険をもたらします。

1.ケガをする

地震によるケガの原因の約30パーセントから50パーセントが、家具類の転倒・落下・移動によるものといわれています。

揺れにより本棚・食器棚から本や食器が飛び出したり、棚そのものが倒れたりすることで、ケガをする危険があります。

2.避難の妨げになる

出入口付近の家具が倒れることにより、扉を塞いでしまい、室内に閉じ込められるおそれがあります。

地震の規模が大きいほど長時間救出されない場合もあり、そんな時に火災が近くで発生すると、非常に危険です。

3.火災の原因になる

ストーブやヒーターなど、熱を発する器具が倒れたり、器具の上に家具や燃えやすいものが落下することによって、火災が発生する可能性があります。

自宅での防災対策をおこないましょう

1.家具をしっかり固定する

家具転倒防止器具を使って、倒れると危険な本棚・食器棚だけでなく、揺れで大きく移動するソファーやテーブルなども固定しましょう。

観音開きの戸棚などは、かんぬき等をつけて、棚の中身が飛び出さないようにしましょう。

キャスターがついている家具については、滑り止めをつけるか、購入したお店に固定方法を相談しましょう。

2.家具の配置にも工夫を

大きな家具・家電については、出入り口を塞がず、なおかつベッドに倒れてこないように配置しましょう。

また、子どもや高齢者のいる部屋は、家具をなるべく減らすようにしましょう。

3.火気のそばに燃えやすいものを置かない

ストーブやコンロなどの熱・火を発する器具については、その側に燃えやすいものを置かないようにしましょう。

また、器具の上に家具が倒れてこないよう、配置を考えましょう。

問い合わせ先

目黒消防署(03-3710-0119)

関連サイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京消防庁「家具類の転倒・落下・移動防止対策」

東京消防庁が公開している、家具転倒・落下・移動防止対策についてのページです。

防災用品のあっせん 一覧表、申し込み方法など

防災課では、家具転倒防止器具をはじめ、様々な防災用品のあっせんを行っています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、防災課が担当しています。

所在地 〒152-0001 目黒区中央町一丁目9番7号(防災センター内)

電話 03-5723-8700

ファックス 03-5723-8725

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.