このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

日本脳炎予防接種

更新日:2017年11月5日

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスによって起こる病気です。このウイルスをもったコガタアカイエカという蚊にさされることにより、人の体内にウイルスが侵入します。人から人へうつることはありません。蚊の多く発生する夏に流行しやすい病気です。感染し、重症化すると高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す急性脳炎をおこすことがあり、死亡率の高い病気です。また、命をとりとめても、さまざまな重い中枢神経系後遺症を残しやすい病気です。

従来使用していたワクチン(マウス脳由来)に変わり、現在は、新しい乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンが使用されています。乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンは、細胞を使用してウイルスを増殖させ、ホルマリン等で不活化(病原性をなくすこと)し、高度に精製したもので、平成21年6月から供給が開始されました。なお、従来のワクチンを使って日本脳炎予防接種を受けたことがある方も、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンで接種を受けることができます。

法定接種年齢と接種回数

平成19年4月2日以降に生まれたお子さん

平成19年4月2日以降に生まれたお子さんの日本脳炎予防接種の法定接種年齢は、第1期が生後6か月から7歳6か月に至るまでの間、第2期が9歳以上13歳未満です。標準接種年齢はつぎのとおりです。

予防接種を受ける標準年齢
標準年齢と接種回数
第1期初回 3歳で2回接種
第1期追加 4歳で1回接種
第2期 9歳で1回接種

目黒区では現在、日本脳炎第1期の接種予診票(3枚)を3歳の誕生月の前月末にお送りしています。

 また、第2期は積極的勧奨の対象でなかったため、接種予診票の送付を差し控えていましたが、平成28年4月から第2期の接種予診票(1枚)を9歳の誕生月の前月末にお送りすることになりました。第1期(全3回)及び第2期の接種が完了していないかたは、お住まいの区域を管轄する保健予防課又は碑文谷保健センターにお問い合わせください。
 なお、第2期接種予診票の送付を差し控えていた平成15年4月1日から平成19年3月31日生まれのかたには、平成28年7月末に第2期接種予診票をお送りしました。

特例接種対象者

平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれのかた

日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から21年度まで積極的勧奨の差し控え(予防接種のご案内を行わないこと)が行われたため、接種回数(全4回)が不足しているお子さんが多くいらっしゃいます。これを受け、平成25年4月1日付けで予防接種法施行令が改正され、平成17年度から21年度の日本脳炎予防接種の積極的勧奨差し控えにより接種を受ける機会を逃したかた(平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれのかたが対象)は、特例として、4歳以上20歳未満で日本脳炎定期予防接種を公費で受けることができるようになりました。

平成29年度に18歳になるかた

第2期の接種機会を逃したかたへ接種を勧奨するため、平成29年度では平成11年4月2日から平成12年4月1日生まれのかたに対して、日本脳炎ワクチン接種予診票〈特例接種用〉を平成30年1月下旬に発送いたします。

平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれのかた

第1期(全3回)の接種回数が不足しているかたは、9歳以上13歳未満の年齢時に不足分を接種することが可能です。

必要な接種回数および接種間隔

母子手帳等でこれまでの接種回数を確認していただき、接種回数が4回に満たない場合は、不足している回数を接種してください。
接種間隔については、接種歴(いつごろ、何回接種したか)によっても違ってきますので、接種医とご相談いただくかお問い合わせください。
なお、接種予診票が不足しているかたは、お住まいの区域を管轄する保健予防課又は碑文谷保健センターまでお問い合わせください。

保護者の同伴について

お子さんが予防接種をするにあたっては、原則、保護者の同伴が必要ですが、日本脳炎の予防接種を13歳以上20歳未満で受ける特例接種対象者の方については、保護者が同伴しなくても予防接種を受けることができます。
ただし、保護者が区からお渡しする「お知らせ」を読み、納得してお子さんに予防接種を希望する場合に、別紙「日本脳炎予防接種同意書」に保護者が署名し、接種予診票とともに医療機関に提出する必要があります。

日本脳炎予防接種についての問合せ先

日本脳炎予防接種については、お住まいの区域を管轄する保健予防課又は碑文谷保健センターへお問合せください。

保健予防課

  • 所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号
  • 電話番号 03-5722-9503

管轄区域は、目黒区駒場、目黒区青葉台、目黒区東山、目黒区大橋、目黒区上目黒、目黒区中目黒、目黒区三田、目黒区目黒、目黒区下目黒、目黒区中町、目黒区五本木、目黒区祐天寺、目黒区中央町二丁目、目黒区目黒本町一丁目です。

碑文谷保健センター

  • 所在地 〒152-0003 目黒区碑文谷四丁目16番18号
  • 電話番号 03-3711-6446

管轄区域は、目黒区中央町一丁目、目黒区目黒本町二から六丁目、目黒区原町、目黒区洗足、目黒区南、目黒区碑文谷、目黒区鷹番、目黒区平町、目黒区大岡山、目黒区緑が丘、目黒区自由が丘、目黒区中根、目黒区柿の木坂、目黒区八雲、目黒区東が丘です。

関連するページ

子どもの予防接種

お子さんの定期予防接種について、目黒区でのお知らせ方法や接種方法をご案内します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本脳炎の予防接種についてのご案内(厚生労働省)

厚生労働省のページです。詳しくはこちらのページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、保健予防課・碑文谷保健センターが担当しています。

所在地 上記「日本脳炎予防接種についての問合せ先」をご覧ください。

電話 上記「日本脳炎予防接種についての問合せ先」をご覧ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.