このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで

本文ここから

ひとりぐらし・高齢者世帯の非常通報システム

更新日:2017年5月2日

自宅内で、あらかじめ設置された専用通報機または胸に掛けたペンダントのボタンを押すことにより、コールセンターに通報が入ります。センターでは、看護師または保健師の資格を持ったスタッフが24時間体制で対応し、緊急の場合には、救急車の手配や親族等への連絡を行います。また、在宅時の異常を判断して自動通報する「生活リズムセンサー」を取り付けることができます。

対象者

「ひとりぐらし等高齢者登録」をされている方

注記

  • 平成29年度から、年齢要件を65歳以上に緩和しました。
  • 電話訪問事業、配食サービス(介護認定無の方)との併給はできませんので、いずれかのサービスを選択してご利用していただきます。

注記

認知症の方はご相談ください。

生活リズムセンサー

単身で近隣に親族が居住していない75歳以上の方、又は75歳未満の方で緊急性を伴う慢性疾患がある等、日常生活を営むうえで常時注意を要する方は生活リズムセンサーをあわせて利用することが可能です。

注記

常時寝たきりの方は機器が正しく作動しない恐れがあるためご利用できません。

利用料金

月額280円。センサーをあわせて利用する方は480円。住民税が非課税の世帯の方は無料です。

ご利用にあたって

  1. 要件確認のため、訪問調査を行うことがあります。
  2. 警備会社がご自宅の鍵を預かります。
  3. 1か月に1度、体調等を確認するためコールセンターよりお伺い電話をかけさせていただきます。

通報の流れ

  1. 緊急通報装置の緊急ボタンを押した場合やリズムセンサーが異常を感知した場合、コールセンターに通報されます。
  2. コールセンターより「どうなさいましたか?」と呼びかけますので状況をお話下さい。
  3. 緊急の通報時には、救急車の要請をするとともに、警備員が安否の確認,鍵開けに駆けつけます。
  4. コールセンターからの呼びかけに対して応答(返事)が無い場合には、警備員が駆けつけた後、必要に応じて救急車の手配をします。

本体とペンダントボタンの写真

非常通報システムについてよくある質問

非常通報システムについてのよくあるご質問

申請書

申請は高齢福祉課または各包括支援センターで行ってください。(申請には利用者本人の印鑑が必要です。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは
高齢福祉課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9839

ファックス 03-5722-9474

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。