このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

落書き防止(コーティング塗装)経費の一部助成

更新日:2017年11月11日

塀や壁に書かれた落書きはすぐに消すことが最良の方法ですが、消すのは大変です。また、消した後が汚くなったり、消してもすぐ書かれてしまうこともあります。

しかし、あらかじめ塀や壁などにコーティングで塗装しておけば、その後、もし落書きされても、簡単に消すことが可能となります。

コーティング塗装

区が指定する2種類のコーティング塗装をする場合に、経費の一部を助成します。

コーティング塗装とは

コーティング塗料を添布することにより、再度落書きされても消去剤で簡単に消去することができ、常に構造物を美しく保つことを可能にした保護塗装システムです。

助成額

かかった経費の2分の1以内。限度額10万円。

区が指定するコーティング塗装

コーティングの特徴
特徴 A工法 B工法
耐久性 半永久的持続、防錆効果が強力 10年程度の耐久性
標準的な施工手順 下塗り塗布
中塗り塗布(1回)
上塗り塗布(1回)
下塗り塗布
中塗り塗布(1回)
上塗り塗布(1回)
施工期間 工程の間に約2時間乾燥の時間が必要ですが、概ね1日で施工終了します。 充分な乾燥の時間が必要です。2日かかることがあります。
施工単価及び概算(消費税別途) 小規模(10平方メートルまで)45,000円。
それ以上は、1平方メートル当たり7,100円
(施工面積や形状、夜間作業により変動あり)
(例)
15平方メートルまで 106,500円
30平方メートル 213,000円
45平方メートル 319,500円
小規模(15平方メートルまで)53,500円それ以上は、15平方メートル毎に53,500円。
(下地処理が必要な場合は、別途費用が必要です。)
施工時間 9時から16時
(例)
15平方メートルまで  53,500円
16から30平方メートル 107,000円
31から45平方メートル 160,500円
下地 ゴム(又は類似品)以外の全ての下地に塗布可能 落書きが染み込んでしまった壁、ブロック塀等には充分な効果を発揮しないことがあります。
その他 店舗名、イラストなどを書く事も可能。(補助金対象外、自己負担) ・粗面仕上げ(凸凹)の壁に、再落書きされた場合、落ちにくい可能性があります。
・見積もり、施工はシルバー人材センターが行います。

工法の詳細については、下記の業者にお問い合わせください。

A工法

東京サンコー株式会社 電話03-5924-3801

B工法

日本特殊塗料株式会社 電話03-3913-6203

申込から施工までの流れ

  1. まずは、環境保全課環境美化推進係にご相談ください。申し込みには、補助金交付申請書・見積書・図面・写真などが必要になります。
  2. 内容を審査し、交付の可否については「落書き防止対策に係る補助金交付(不交付)決定通知書」でお知らせします。
  3. 施工
  4. 完了後「落書き防止対策に係る完了報告書」及び「落書き防止対策事業に係る補助金請求書」を領収書・完了後の写真などを添えて、区に提出してください。
  5. 内容を確認の上、補助金を振込みます。

お問合せ

このページは、環境保全課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9606

ファックス 03-5722-9401

本文ここまで

サブナビゲーションここから

落書き消去活動支援事業

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.