このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで

本文ここから

障害に関するマーク

更新日:2017年11月9日

障害のある人に配慮した施設であることや、それぞれの障害について分かりやすく表示するため、いろいろなマークや表示があります。これらは国際的に定められたものや、各障害者団体が独自に提唱しているものもあります。

聴覚に障害のある人や心臓やじん臓に障害がある人など、外見だけでは障害者と分からない人もたくさんいます。障害者のマークを正しく理解して、「ひとにやさしいまちづくり」を目指しましょう。

身体障害者標章

肢体不自由のかたで、大型又は普通自動車免許(いづれも1種)に条件を付されている場合は、道路交通法により、車体の前面と後方の両方に、身体障害者標章を表示します(努力義務です)。

危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。

販売場所

カー用品店、ホームセンターで販売しています。

問い合わせ先

  • 警視庁交通総務課:電話番号03-3581-4321
  • 目黒警察署交通課:電話番号03-3710-0110
  • 碑文谷警察署交通課:電話番号03-3794-0110

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。警視庁 交通総務課

国際シンボルマーク(車いすマーク)

障害者が利用できる建物、施設であることを明確に表すための世界共通のシンボルマークです。マークの使用については国際リハビリテーション協会の「使用指針」により定められています。駐車場などでこのマークを見かけた場合には、障害者の利用への配慮について、御理解、御協力をお願いいたします。

このマークは「すべての障害者を対象」としたものです。特に車椅子を利用する障害者を限定し、使用されるものではありません。自動車に表示しても、特に法的な効力はありません。

販売場所

運転免許試験場内の売店、カー用品店、ホームセンターで販売しています。

問い合わせ先

財団法人日本障害者リハビリテーション協会

  • 電話番号:03-5273-0601
  • ファックス番号:03-5273-1523

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

聴覚障害者標識(聴覚障害者マーク)

普通自動車を運転することができる免許を受けた人で、政令で定める程度の聴覚障害のあることを理由に当該免許に条件を付されている人です。表示しない場合、道路交通法違反になります。

危険防止のためやむを得ない場合を除き、このマークを付けた車に幅寄せや割り込みを行った運転者は、道路交通法の規定により罰せられます。

販売場所

運転免許試験場内の売店で販売しています。

問い合わせ先

  • 警視庁交通総務課:電話番号03-3581-4321
  • 目黒警察署交通課:電話番号03-3710-0110
  • 碑文谷警察署交通課:電話番号03-3794-0110

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。警視庁

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。一般財団法人全日本ろうあ連盟

聴覚障害者のシンボルマーク(耳マーク)

聴覚障害者であることを表す国内で使用されているマークです。聴覚障害者は障害そのものが分かりにくいために、誤解されたり、不利益を蒙ったり、社会生活上で不安が少なくありません。このマークを提示された場合は、コミュニケーションの方法に配慮する必要があります。

問い合わせ先

特定非営利活動法人東京都中途失聴・難聴者協会

  • 所在地:新宿区新宿二丁目13番11号の1003
  • ファックス番号:03-5919-2563
  • 電話番号:03-5919-2421

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。特定非営利活動法人 東京都中途失聴・難聴者協会

視覚障害者のための国際シンボルマーク

世界盲人連合が、1984年10月にサウジアラビアのリヤドで開催した設立総会で採択したもので、「このマークを手紙や雑誌の冒頭に、あるいは歩行用に自由に使用してよい。色はすべて青にしなければならない」とされています。信号機や国際点字郵便・書籍などで見かけるマークです。このマークを見かけた場合には、視覚障害者への利用の配慮について、ご理解、ご協力をお願いします。

問い合わせ先

社会福祉法人日本盲人福祉委員会

  • 所在地:新宿区西早稲田二丁目18番2号日本盲人福祉センター2階
  • 電話番号:03-5291-7885
  • ファックス番号:03-5291-7886

社会福祉法人 日本盲人福祉委員会

オストメイトマーク

オストメイト(人工肛門・人工ぼうこうを保有する人)の利用に配慮した設備があることを表しています。オストメイト対応のトイレの入り口や案内誘導プレートなどに表示されています。

問い合わせ先

公益財団法人日本オストミー協会

  • 所在地:葛飾区東新小岩一丁目1番1号トラスト新小岩901号
  • 電話番号:03-5670-7681
  • ファックス番号:03-5670-7682

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人 日本オストミー協会

ハートプラスマーク

内部障害・内臓疾患を示すマークとしてつくられました。内部障害(心臓、呼吸機能、じん臓、ぼうこう・直腸、小腸、免疫機能、肝臓等)や内臓疾患(難病、その他内蔵機能疾患)は、外見から分かりにくいため、一般社会にその存在を視覚的に示し、理解の第一歩とするために、このマークが生まれました。このマークを着用している方を見かけた場合には、内部障害への利用の配慮について、ご理解、ご協力をお願いします。

問い合わせ先

特定非営利活動法人ハート・プラスの会

  • 所在地:名古屋市千種区上野一丁目3番9号
  • 電話番号:050-5203-0261
  • ファックス番号:052-711-0180

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。特定非営利活動法人 ハート・プラスの会

ほじょ犬マーク

身体障害者補助犬同伴の啓発のためのマークです。身体障害者補助犬とは、盲導犬・介助犬・聴導犬のことをいいます。「身体障害者補助犬法」が施行され、現在では公共の施設や交通機関・デパート・ホテルなどの民間施設でも身体障害者補助犬が同伴ができるようになりました。

補助犬はペットではありません。体の不自由な人の体の一部となって働いています。社会のマナーもきちんと訓練されて、衛生面も管理されています。お店の入口などでこのマークを見かけたり、補助犬を連れている人を見かけた場合は、ご理解、ご協力をお願いします。

特定非営利活動法人日本介助犬アカデミーでは事業者のかた向けに「補助犬受け入れマニュアル(事業者編)補助犬同伴のお客様への対応」を作成しています。

問い合わせ先

厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室

  • 電話番号:03-5253-1111
  • ファックス番号:03-3503-1237

ヘルプマーク

ヘルプマークの画像

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方がいます。そうした方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるように作られたマークです。

目黒区での取り組みはこちらのページで詳しく紹介しています。

問い合わせ先

東京都福祉保健局 障害者施策推進部 計画課

  • 電話番号:03-5320-4147
  • ファックス番号:03-5388-1413

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ヘルプマーク(東京都福祉保健局ホームページ)

お問合せ

このページは
障害福祉課 障害福祉管理係が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9846

ファックス 03-3715-4424

本文ここまで

サブナビゲーションここから

めぐろ掲示板

防災地図アプリの画像

防災地図アプリ
スマートフォン用防災地図アプリの無料配信行っています。アプリをダウンロードすることで、目黒区防災地図を閲覧することができます。

ランニングをする人

めぐろスポーツニュース
毎月15日に発行で、区のスポーツに関するイベントや施設の情報をお知らせしています。

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」表紙画像

学校給食レシピ本「みんな大好き学校給食」
学校給食の人気レシピを一冊にぎゅっとまとめました!ぜひ、ご家庭でも実践してみてください。

知りたい情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。