このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

新生児聴覚検査

更新日:2019年3月15日

平成31年4月から「新生児聴覚検査」の費用助成を開始します

目黒区では、新生児聴覚検査をすべての赤ちゃんに安心してお受けいただくために、検査費用の一部を助成いたします。

新生児聴覚検査とは

赤ちゃんの聞こえについて調べる検査で、生まれてすぐ眠っている間に実施します。
聴覚に何らかの障害を持つ赤ちゃんは1,000人に1人から2人と言われています。
聴覚障害は早期に適切な支援を開始することで、コミュニケーションの形成や言語発達の面で
大きな効果が得られるので、早期発見が重要です。

対象者

平成31年4月1日以降に出生し、生後50日以内の赤ちゃん。

注記

平成31年3月31日までに出生した場合、東京都外に転出した場合は対象となりません。

対象となる検査

自動聴性脳幹反応(自動ABR)または耳音響放射(OAE)

助成金額

  • 初回検査料に対し、3,000円を上限とし1回とします。
  • 上限を超えた費用については自己負担となります。

受診票の交付

  • 受診票は、妊娠届を提出された際に、赤ちゃん1人につき1枚の受診票を交付します。
  • 多胎妊娠の場合は、不足分をお渡ししますので、お住いの地域の管轄先までご連絡ください。
  • 平成31年3月29日までに妊娠届を提出し、出産予定日が4月1日以降のかたには、3月下旬以降順次、受診票を送付します。

助成の受け方

都内で検査を受ける場合

  • 検査を受ける際に、受診票を都内委託医療機関に提出してください。
  • 都内委託医療機関については、東京都の赤ちゃんの耳のきこえについて(東京都福祉保健局)をご覧いただくか、直接医療機関へお問い合わせください。
  • 都内委託医療機関で、受診票を提出せずに検査を受けた場合は、費用の助成はできません。

都外で検査を受ける場合

受診票が使えないため、都外の医療機関で検査を受けた場合は、後日、費用の助成(金融機関へ口座振替)をします。手続きについては、目黒区の里帰り等妊婦健康診査費助成をご覧ください。

新生児聴覚検査についての問合せ先

保健予防課

所在地〒153-8573目黒区上目黒二丁目19番15号
電話番号03-5722-9503
管轄区域は、目黒区駒場、目黒区青葉台、目黒区東山、目黒区大橋、目黒区上目黒、目黒区中目黒、目黒区三田、目黒区目黒、目黒区下目黒、目黒区中町、目黒区五本木、目黒区祐天寺、目黒区中央町二丁目、目黒区目黒本町一丁目です。

碑文谷保健センター

所在地〒152-0003目黒区碑文谷四丁目16番18号
電話番号03-3711-6446
管轄区域は、目黒区中央町一丁目、目黒区目黒本町二から六丁目、目黒区原町、目黒区洗足、目黒区南、目黒区碑文谷、目黒区鷹番、目黒区平町、目黒区大岡山、目黒区緑が丘、目黒区自由が丘、目黒区中根、目黒区柿の木坂、目黒区八雲、目黒区東が丘です。

お問合せ

このページは、碑文谷保健センターが担当しています。

所在地 〒152-0003 目黒区碑文谷四丁目16番18号

電話 03-3711-6446

ファックス 03-5722-9330

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.