このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
目黒区住みたいまち、住み続けたいまち目黒
  • トップページへ
  • 携帯サイト
  • multilingual
  • サイトマップ
〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号 電話 03-3715-1111(代表)案内図


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の よくあるご質問 の中の 目黒区・行政に関するよくあるご質問 の中の オンブーズ制度についてのよくあるご質問 のページです。

本文ここから

オンブーズ制度についてのよくあるご質問

更新日:2011年6月15日

1 相談の費用はかかりますか?

費用はかかりません。無料です。

2 セクシュアル・ハラスメントにはどのようなものがありますか?

他者を不快にさせる性的な言動がセクシュアル・ハラスメントです。次のような例が該当します。

  • 性的な経験を聞かれる。
  • 周囲に聞こえるように性的な会話をされる。
  • 「異性関係が派手」などと噂される。
  • 身体をジロジロと見られたり、不必要に接触される。
  • 「今日の服装すごいね、デート?」などと尋ねられる。
  • 「結婚はまだ?」「子どもはまだ?」などと尋ねられる。
  • 「ちゃんづけ」をされたり、「女の子」「男の子」「おじさん」「おばさん」などと呼ばれる。
  • カラオケでデュエットやチークダンスを強要する。
  • わいせつ写真を掲示される。  など

性的な関係を求められるものだけがセクシュアル・ハラスメントではありません。また、女性だけでなく男性に対しても起こりえます

3 相談をしたことが会社に伝わると、働きにくくなるのでは?

相談者の希望に沿って解決の方法を考えますので、まずはご相談ください。オンブーズから会社に改善を要求するかどうかは相談者の希望によりますが、申出者の名前を会社に知らせないで、改善を求めることもできます

4 相談や申出をしたことが、他の人に知られることはありませんか?

プライバシーは厳守されますので、ご安心ください。

5 パワー・ハラスメントの相談はできますか?

次のような例がパワー・ハラスメントに該当します。オンブーズは、セクシュアル・ハラスメントの要素が含まれたパワー・ハラスメントについて、相談をお受けしています

  • 情報を与えない、仕事を教えないなどの嫌がらせを受ける。
  • 懲罰として、業務に全く必要のない行為を強要される。
  • 一つのことで、何度も注意や叱責を受ける。
  • 「能力がない」などのレッテルを貼られる。
  • 土下座や長時間の正座などを強要される。

セクシュアル・ハラスメントの要素がないものについては、「東京都労働相談情報センター(電話 03-3495-6110)」の相談をご利用ください。

6 電話での相談はできますか?

オンブーズ相談は、面談のみです。電話での相談をご希望のかたに対しては、「こころの悩みなんでも相談(電話 03-5721-8572)」をご案内しています。

7 男性でも相談できますか?

できます。区の施策やセクシュアル・ハラスメントに関する相談など、女性の場合と同様に相談をお受けします。
電話での相談をご希望のかたに対しては、東京ウィメンズプラザの「男性のための悩み相談(電話 03-3400-5313)」をご案内しています。

8 子どもがセクシュアル・ハラスメントを受けているが、子どもの代わりに相談できますか?

できます。お気軽にご相談ください。

お問合せ

このページは
人権政策課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9214

ファックス 03-5722-9469

本文ここまで


以下 奥付けです。