このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 行政情報 の中の 人権・男女平等 の中の 人権 の中の 人権啓発のとびら の中の 人権啓発のとびら えせ同和行為とは のページです。

本文ここから

人権啓発のとびら えせ同和行為とは

更新日:2022年5月20日

「部落差別(同和問題)はこわい問題である」という人々の誤った認識に乗じ、例えば、部落差別(同和問題)に対する理解が足りないなどという理由で高額の書籍を売りつけるなど、部落差別(同和問題)を口実にして、会社・個人や官公庁などに不当な利益や義務のないことを求める行為を指します。

えせ同和行為は、部落差別(同和問題)の解決に真摯に取り組んでいる団体や関係者に対するイメージを損ねるとともに、部落差別(同和問題)に関する誤った意識を植え付けることになります。

その結果、部落差別(同和問題)の解決を大きく遅らせることにもつながります。

えせ同和行為の具体例

  • 人権や部落差別(同和問題)に関する機関紙、図書等物品購入の強要
  • 寄付金・賛助金・融資の強要
  • 講演会・研修会への参加強要

また、書籍購入の強要に限らず、CD-ROMなどが一方的に送付されてくるケースや、電話で部落差別(同和問題)についてアンケートを求めてくるケースなど、さまざまな手法が確認されていますので十分注意してください。

えせ同和行為が疑われる場合は、相談機関にご連絡ください。

えせ同和行為への対応(基本的な姿勢)

基本的な態度

  • えせ同和行為に対する基本的姿勢は、違法・不当な要求は断固として拒否することです。
  • 部落差別(同和問題)への取組等を口実に不当な要求を受けたときは、「今後どうするべきは法務局の処理に委ねたい」と伝え、法務局に連絡しましょう。
  • 窓口担当者に対応を任せきりにしてしまうのではなく、組織全体の問題として対応しましょう。
  • 具体的な要求を受けときは、警察(全国暴力追放運動推進センター)、弁護士会、法務局へ相談しましょう。

具体的対応の要点

  • 面談は当方の管理が及ぶ場所(例えば自社応接室等)で行いましょう。
  • 対応者は必ず2名以上とし、幹部職員が直接対応することは、差し控えましょう。
  • 話の内容を録音または記録を詳細に取りましょう。
  • 対応は、おそれず、あわてず、ゆっくりと丁寧に行いましょう。

詳しくは、えせ同和行為対応の手引き(法務省人権擁護局作成)東京都人権部人権施策推進課ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。えせ同和行為対応の手引き掲載ページ(法務省ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都人権部人権施策推進課ホームページ

えせ同和行為 相談機関一覧

  • 初期の対応が非常に重要です。
  • 不明な点や不安がある場合には、直ちに相談機関に連絡して助言を受けましょう。

「警視庁110番サイト」は、聴覚、言語に障害がある方や音声による通報が困難な方からの110番通報を受け付けています。

お問合せ

このページは、人権政策課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9214

ファックス 03-5722-9469

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.