このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

目黒区特定事業主行動計画

更新日:2019年5月27日

基本的事項

計画改定の目的

旧計画策定以降に生じた区政や職員を取り巻く状況の変化と、これまでの取り組みを踏まえ、職員がより一層ワーク・ライフ・バランスを実現できるような対策を講じ、次世代育成支援を着実に推進することを計画改定の目的とします。

計画期間

平成27年度から平成31年度までの5年間

計画の推進体制

行動計画の策定・実施に区全体で取組むとともに、庶務担当課長会で実施状況を点検し、必要がある場合には計画の見直しや新たな対策等を検討します。

基本目標

職員の仕事と子育ての両立支援を図るため、次の4項目を基本目標とします。

  1. 職員による働き方の見直しの実践
  2. 働き方の見直しを実践できる職場環境づくり
  3. 職員同士が助け合い、安心して出産、子育てができる職場環境づくり
  4. 地域の子育て支援に対する貢献

具体的な取組み

1.職員による働き方の見直しの実践

職員への「働き方の見直し」の啓発

ワーク・ライフ・バランス啓発研修等の実施や、メンター制度の導入により、職員一人ひとりが働き方の見直しをできるよう啓発します。

計画的な休暇取得の促進

休暇の予定表(休暇計画表)を上司に提出することで、職員の計画的な休暇取得の促進を図ります。

「働き方の見直し」の実践事例の周知

ワーク・ライフ・バランスを実現している職員をロールモデルとして周知し、「働き方の見直し」を実践する職員の輪を広げていきます。

女性職員の活躍促進

キャリア形成研修の実施などにより、職員の意識改革につながる取り組みを進めます。

2.働き方の見直しを実践できる職場環境づくり

管理職、係長向けセミナーの実施

職場環境づくりの中心となる管理職、係長が職員の「働き方の見直し」を積極的に支援、推進できるよう、管理職・係長向けセミナーを実施します。

超過勤務の縮減

ノー残業デイの実施や人事課との連携による健康相談に加え、「超過勤務代替休暇」を導入します。

3.職員同士が助け合い、安心して出産、子育てができる職場環境づくり

仕事の見える化の推進

職員同士の助け合いを図るために、仕事の見える化を推進し、仕事の効率化・計画的な休暇取得が図れる職場環境づくりを行っていきます。

「よりよい職場づくり」の取り組み

各所属における問題の抽出、改善策の検討・実施、振り返りという流れで所属の実情に合わせた効果的な職場環境改善を図っていきます。

出産、子育て支援制度を活用しやすい職場環境づくり

グループウェアやセミナーの活用、子育てハンドブックの内容充実により出産、子育て支援制度を活用しやすい職場環境づくりを整備します。

男性の育児休業制度の取得促進

職場と職員の意識改革を図るとともに、男性職員の育児休業、出産支援休暇、育児参加休暇の取得を促進します。

育児休業代替職員制度の拡充

任期付職員の対象職種の拡大、福祉職の任期付き職員枠の拡大などを検討し、より安定的で実効性のある育児休業代替制度としていきます。

4.地域の子育て支援に対する貢献

子育てに関する地域活動等への参加促進

全ての職員が休日やボランティア休暇等を活用し、地域の子育て支援活動に貢献することを奨励します。

子育てバリアフリーの推進

子どもを連れた来庁者が安心できるよう、親切で、丁寧な応対を心がけます。また、改築等の機会を捉え、可能な限りバリアフリーの取り組みを推進します。

目黒区特定事業主行動計画全文

特定事業主行動計画に係る実施状況

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、人事課が担当しています。

所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-5722-9650

ファックス 03-3715-8852

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.