このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動


サイトメニューここまで

本文ここから

里帰り等妊婦健康診査費及び新生児聴覚検査費助成

更新日:2022年7月5日

目黒区では、里帰り等で目黒区妊婦健康診査受診票及び新生児聴覚検査受診票が使えない都外医療機関等で受診した妊婦健康診査及び妊婦超音波検査、妊婦子宮頸がん検査、新生児聴覚検査の費用を自費で支払った場合、一定額を助成します。助成方法は、金融機関へ口座振替により行います。

なお、対象となる妊婦健康診査及び新生児聴覚検査は、受診日に住民票が目黒区にあることが条件です。分娩日等から1年以内にご請求ください。

助成の対象となる妊婦健康診査及び新生児聴覚検査

  • 助成する妊婦健康診査及び新生児聴覚検査は、原則として目黒区の妊婦健康診査受診票及び新生児聴覚検査受診票の項目を満たしていること。
  • 医療機関または助産所が実施していること。

助成額

医療機関での受診

妊婦健康診査1回目が10,850円、妊婦健康診査2回目から14回目が5,070円、妊婦超音波検査(1回のみ)が5,300円、子宮頸がん検診(1回のみ)が3,400円を上限として助成します。また、新生児聴覚検査を3,000円を上限として助成します。

助産所での受診

妊婦健康診査2回目から14回目が5,070円を上限として助成します。なお、妊婦健康診査1回目は診断があるため、医療機関で受診した場合のみ助成の対象になります。

手続方法

申請書類(提出または提示していただく書類と持参していただくもの)

  • 里帰り等妊婦健康診査費及び新生児聴覚検査費助成申請書
  • 請求書
  • 領収書(必ず原本をご持参ください。また、「受診日」、「妊婦健診及び新生児聴覚検査にかかる領収金額」、「妊婦健診及び新生児聴覚検査であることが判る内容(母子健康手帳に検査項目などが記載されていて、日付などで関連が明確であれば記載がなくても可)」が記載されていることが必要です。)
  • 母子健康手帳
  • 未使用の妊婦健康診査受診票(都外医療機関で受診した妊婦超音波検査、子宮頸がん検査の費用の助成を申請する場合は、未使用の妊婦超音波検査及び子宮頸がん検査受診票も必要)、新生児聴覚検査受診票
  • 銀行口座番号のわかるもの

注意事項

  • この申請には、未使用の受診票が必要です。受診票は、火災・盗難等特別な事由以外には再発行いたしませんので、大切に保管して下さい。
  • 国外での受診費用や都内の契約医療機関であっても受診票を使用しなかった妊婦健康診査及び新生児聴覚検査の費用などは助成の対象にはなりません。詳細は保健予防課(目黒区総合庁舎本館3階)及び碑文谷保健センターにお問い合わせください。
  • 申請書、請求書、委任状の用紙については、保健予防課(目黒区総合庁舎本館3階)及び碑文谷保健センターの窓口にあるほか、下記添付ファイルからダウンロードすることができます。
  • 申請には領収書の原本が必ず必要になります。紛失された場合や、確定申告等で領収書を提出された場合は、申請ができませんのでご注意ください。

添付ファイル

申請書及び請求書を記入する場合は、必ず記入例をご参照の上、ご記入ください。

里帰り等妊婦健康診査費助成についての問い合わせ先

里帰り等妊婦健康診査費助成については、保健予防課または碑文谷保健センターへお問合せください。

保健予防課

  • 所在地:〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号
  • 電話:03-5722-9503

碑文谷保健センター

  • 所在地:〒152-0003 目黒区碑文谷四丁目16番18号
  • 電話:03-3711-6446

関連するページ

妊婦健康診査

妊産婦歯科健診

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

このページは、保健予防課・碑文谷保健センターが担当しています。

所在地 上記「里帰り等妊婦健康診査費助成についての問合せ先」をご覧ください。

電話 上記「里帰り等妊婦健康診査費助成についての問合せ先」をご覧ください。

本文ここまで


以下 奥付けです。

目黒区役所

〒153-8573 東京都目黒区上目黒二丁目19番15号

電話 03-3715-1111(代表)

法人番号 1000020131105

© 2017 Meguro City.